素材の味を数倍引き出す鬼おすすめの塩、ゲランド塩の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは!

今回は塩についてのお話です。

一口に塩と言っても、様々な種類があります。

代表的なのは岩塩や海塩ですが、海に囲まれた日本で使用されているのはほとんどが海塩でしょう。

岩塩と海塩でも味が全く異なるのですが、海塩でも場所や製造方法によって全く味が違ってきます。

最近では沖縄などの塩がブランド化して売られていたりしますね。

今回はそんな海塩の中でも、ボクが最もおすすめしたい塩を紹介します。

それは、

ゲランドの塩です!

ゲランドの塩とは

ゲランドの塩とは主にフランスのノルマンディー地方等で採れる海塩です。

この塩の一目見てわかる特徴はどことなくグレーがかっているところです。

それは無駄な漂白などがされていない証拠です。

伝統的製法で、添加物など一切使用されずに作られるので、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルも豊富に含まれています。

ゲラントの塩20141031

現物はこんな感じです。

こちらはパリのオーガニックショップで購入しました。

 ゲランド塩の使い方

最も手軽な使い方は、何と言っても野菜にパラパラッと振りかけるです!

特に温野菜にものすごい威力を発揮します。

中でも、蒸したり茹でたりしたブロッコリーや、焼いたり蒸したりしたカボチャ、焼いたキノコ類などにゲラントの塩をパラッとかけて食べるともうめちゃくちゃ美味しいですよ!

試しに普通の塩でも試してみましたが、その差は歴然でした。

塩でこんなに食べ物の味が変わるのかと、きっと驚くと思います。

素材の味がダイレクトに引き出せ、なおかつ値段も高いので、炒め物などでは無く、サラダや温野菜などシンプルな料理に使うと良いと思います。

もちろんスープや炒め物などに使ってもgoodですが!

ゲランドの塩は普通のスーパーで置いてある所はほとんどありません。

輸入食品を扱っているようなお店には置いてあると思います。

因みに、輸入食品チェーンのカルディには値段はフランスの3倍くらいしますが、上記と同じ商品が置いてありました。

ネットで注文するならこちらが良いです。

ゲランドの塩の中では最もおトクな商品です。

お試しで使ってみるにもgoodでしょう。

ゲランドの塩は大粒のモノと細かく粉砕されたモノが売られています。

個人的には大粒の方を購入して、ミルなどに入れて使いたい時に挽いて振りかける方が良いですが、面倒な方は初めから粉砕された方を買った方が良いかもしれません。

粉砕されている塩はこちら。

こちらは予め細かく砕かれているので、ミル等で挽く必要はありません。

そして、最もオススメしたいのはこちら!

こちらの塩はボクが愛用している商品なのですが、素材の味がグッと引き締まって本当に美味しくなります。

是非お試しください。

たかが塩、されど塩です。

どんな塩を使うかによって料理の質も格段に変わってくるので、是非良質の塩を使っていただきたいと思います。

これからの素敵な食卓の参考になれば幸いです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^