美容と健康を脅かす最も危険な食品@ブドウ糖果糖液糖(異性化糖)とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは!

以前から砂糖精白食品などの身近にある危険な食品について書いてきましたが、世の中にはまだまだ危険な食品がいろいろと存在します。

今回はそんな中でもトップクラスに危険な食品を紹介します。

今回紹介したいのは、

ブドウ糖果糖液糖です。

健康志向の方にはおなじみだと思いますが、何それ?という方もいるかもしれないので、簡単にまとめます。

ブドウ糖果糖液糖とは?

でんぷんを加水分解して得られたブドウ糖と、そのブドウ糖の一部を酵素によって果糖に変成させたモノを混合させた化学物質です。

なぜブドウ糖の一部を果糖に変えなければならないかというと、ブドウ糖だけでは甘くないからです。

果糖に変えることによって、甘味料としての機能が備わるわけです。

こういった化学物質は、総称して異性化糖と呼ばれています。

JASの分類によると、

果糖含有率が50%未満のもの=ブドウ糖果糖液糖

果糖含有率が50%以上90%未満のもの=果糖ブドウ糖液糖

果糖含有率が90%以上のもの=高果糖液糖

上記の液糖に10%以上の砂糖を加えたもの=砂糖混合異性化液糖

となっているようです。

要するにどれだけ果糖に異性化させるかによって、名前が違ってくるわけですね。

abouthighfructosecornsyrup02〜20140421

これら異性化糖の何が悪かというと、初めからブドウ糖と果糖が分離しているので、血糖値の上昇がハンパなく早いということです。

白砂糖や精白食品よりも早く、恐ろしいスピードで血糖値が急上昇します。(血糖値の急上昇の弊害についてはこちら)

果糖はフルーツにも含まれているし良いのでは?と思う方がいるかもしれません。

しかし、それはあくまでフルーツとして摂取した場合です。

果物や植物に含まれている果糖と、化学合成されて出来た果糖は別物と考えた方が無難ではないかと考えます。

ブドウ糖に関しても同じで、ブドウ糖自体は人間が生きていくために必要不可欠のモノです。

しかし、健常人に関して言えば、ブドウ糖は直に摂るのではなく、穀類や芋類などの多糖類から摂取すべきです。

穀類や芋類から摂取することにより、血糖値の上昇は緩やかになり、体に過度に負担をかけることもありません。

ブドウ糖を直に摂取しなければいけないのは、糖尿病などの疾患のある方くらいでしょう。

ブドウ糖果糖液糖が多く含まれている食品は?

清涼飲料水、スポーツドリンク、市販のお菓子類、みりん風調味料などです!

この中でも特に多く使われていて、頻繁に目にするのはやはりドリンク類です。

コーラやファンタなどの炭酸飲料はもちろんのこと、果汁100%でないジュースや、レモンティーなどのお茶系、ヤクルトやカルピスみたいな乳酸菌飲料、コーヒー牛乳やイチゴ・オレみたいな乳飲料まで、コンビニやスーパーなどで市販されているほとんどの甘いドリンクに含まれています。

しかも含有されている量がハンパなく、だいたい10%程度だそうです。

500mlの飲料だと50gがこの最悪な化学物質なわけです。

コーラは水とブドウ糖果糖液糖と酸味料と着色料で出来ているようなものですからね。

もはや人間の飲み物ではありません。

真意のほどは分かりませんが、キレる子供がたくさん出現していた時に、清涼飲料水の飲み過ぎが原因の一つではないかと言われていた時代もありました。

ポカリスウェットなどのスポーツドリンクもコーラと同じようなものなので控えた方が良いです。

スポーツドリンクの弊害についてはこちら。

天然のスポーツドリンクについてはこちら。

abouthighfructosecornsyrup01〜20140421

ドリンク以外に注意したいのはお菓子です。

ブドウ糖果糖液糖は液状なので、焼き菓子で使用されることは少ないようです。

危険なのは饅頭のようなお菓子です。

市販品を買う際は原材料表示を要チェックしてください。

特に、旅行のお土産でもらうようなお菓子には含有されている可能性が高いので注意してください。

あとはみりん風調味料にもよく含有されています。

料理にはみりん風調味料ではなく、本物のみりんを使いましょう。(本物のみりんについてはこちら)

日本の加工食品は異性化糖だらけです。

ここでは主なものを挙げましたが、この他にも含有されているものがたくさんあるので加工食品を買う際は忘れずにチェックしてください。

ブドウ糖果糖液糖だけでなく、高果糖液糖も最近よく使われているので注意してくださいね。

参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^