美容と健康を気遣う方が肉を食べたければジビエという選択が賢い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

美容や健康に意識的な方は肉は食べないという方が多いと思います。

ベジタリアンやビーガンという言葉もある通り、肉を食べないことが健康への道しるべとなっていることは間違いありません。

マクロビオティックの世界においても肉は禁じ手となっています。

ただ、いくら美や健康のために控えているとはいえ、やっぱり肉を食べたい!という方もいるのではないかと思います。

そんな方にオススメな選択肢があります。

それがジビエです。

記事内広告

ジビエとは?

ご存知の方もたくさんいると思いますが、ジビエというのはフランス語で獣肉の総称です。

獣というのは、鹿やイノシシ、熊、鳥などのことです。

これらを使った料理を総称してジビエ料理と言われています。

そもそもなぜ肉は美容と健康に良くないのか?

基本的にスーパーで売られているような肉は大量消費のために大量生産された肉たちです。

狭いケージの中でぎゅうぎゅう詰めの状態でほとんど運動することなく、ホルモン剤や抗生剤などを打たれ、出来るだけ早く太らせるために高タンパク高脂肪な合成飼料を与えられます。

ホルモン剤を打たれ、合成飼料を食べさせられた運動不足の肉が、健康に良いわけがありません。

いかに早く食肉としての商品になるかだけを考えているので、人間の健康のことなどは考えていません。

魚でもそうですが、食物連鎖の上位にいる大型の魚ほど、健康へのリスクは高いです。

大型の魚になればなるほど、いろんなモノを補食していますからね。

人間は陸上界の食物連鎖の頂点にいるので、食肉となった動物たちが食べたものの影響も私たちに降り掛かってきます。

食肉となる動物たちがどのように育てられているかも非常に重要というわけですね。

ただ、残念ながら良質な飼料で育てられた牛や豚や鶏などは、一般にはなかなか入手しずらく、入手できてもバカ高いのが現状です。

卵にしても最近では平飼いで育てられた鶏の卵が農産物直売所などで買うことができますが、スーパーで売っている卵の何倍もの値段です。

そこで救世主となるのが、ジビエなわけです。

なぜ、ジビエが健康に良いのか?

前述しましたがジビエとは獣肉のことなので、それこそ最高級の天然肉です!

木の実やタケノコ、他の動物、はたまた人間が育てた野菜(笑)などなど、山の中のフレッシュな食べ物を存分に食べて生きているので、これほど飼料に恵まれた食肉は他に無いでしょう。

駆除に困ってるくらいなので、人間が食肉用に育てているものなど一切無く、100%天然の肉というのも魅力です。

また狩猟免許さえあれば、タダで狩りにでて獲れるというのもサバイバル好きにはたまりませんね笑

ジビエはどこで入手できる?

ずばり、地方です!

地方では鹿やイノシシの被害に長年頭を悩ませてきました。

最近ちょくちょくとジビエを町おこしのアイテムとして利用する地方自治体が増えてきました。

駆除もできて、それが町の資源に変わるなら一石二鳥ですものね。

鹿のリゾット

上記の写真は鹿肉を使ったリゾットです。

このようにジビエを使ったオシャレな料理を出すお店も増えています。

肝心の味は?

鹿は脂身がほとんど無く、非常にヘルシーです。

美や健康に気を使う女性の方には非常にオススメですが、普段牛や豚や鶏を食べている現代人には味はちょっと物足りないかもしれません。

肉のパンチ力があまり感じられないので。。

どちらかというとイノシシの方が普段食べている肉たちに近いと思います。

特にイノシシ鍋は絶品です。

なかなか日常生活に取り入れることは難しいと思いますが、もし地方に遊びにいくことがあり運良くジビエ料理の店を発見したら是非一度トライしてみてください。

ジビエが日本にもっと浸透すれば、獣による被害が減り、尚かつ人々が今より健康になると思います。

参考になれば幸いです★

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^