コンブチャとは?日本が誇ったスーパードリンクの正体とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは!

突然ですが、みなさんコンブチャをご存知でしょうか?

コンブチャはかなり昔から欧米で健康食品として高い人気を誇っており、オーガニック愛好家やヨギーなどに好んで飲まれています。

しかし、コンブチャは昆布茶ではありません。

一体どういった飲み物なのでしょうか?

コンブチャとは?

コンブチャ(Kombucha)とは、紅茶に酢酸菌や酵母を入れて作った発酵飲料です。

紅茶に酵母というすごい発想ですね。

また、紅茶の他にも緑茶やウーロン茶などを使用して作られたものもあります。

発祥は韓国で、なんと紀元前414年からあったとの記録があります。

その後、中国やロシア、インドそして日本に伝わっていきました。

その当時から体内から毒素を取り除いてくれるアンチエイジングフードとして親しまれていたようです。

その他にもスタミナ増強や皮膚の弾力性の向上、血液をサラサラにする、といった私たちの健全な肉体を作る補助をしていたようです。

また私たちの組織や皮膚の潤いに欠かせない、ヒアルロン酸を多く含んでいます。

そんな素晴らしいコンブチャですが、実は日本でも一時ブームとなっていた時期があります。

今ではすっかり死語と化していますが、30〜40年ほど前に「紅茶キノコ」という商品が世に出回っていたようです。

それがコンブチャの正体です。

日本では一時の健康ブームで終わってしまったようですが、欧米では健康食品として革新的な進化を遂げていきました。

糖分や人工甘味料まみれの炭酸飲料や清涼飲料水に変わるドリンクとして、脚光を浴びています。

IMG 1903

こちらがアメリカのオーガニックスーパーで売られているコンブチャです。

デザインからして斬新です。

乾物入れに使用しているので、下にちらっと見えるのは豆たちです笑

表面のラベルには効能が書いてあるのですが、味によって違います。

若返らせる、元気を回復させる、活性化させる、再生させる、などなど身体に良いような単語が踊っています。

肝心の味ですが、酸っぱい炭酸に商品によって様々な味付けがされているといった感じです。

運動した後に飲むと、確かに疲労が回復してくる感じがします。

ただ注意点としては、開けた瞬間にビールの様に泡が吹き出てくることがあります!

ボクは一度、オーガニックスーパーのイートインコーナーでこちらの商品を飲もうとした際、吹きこぼれまくって、ものすごいことになりました笑

公共の場で飲む際は注意してください。

日本ではなかなかお目にかかれないスーパーフードで、普通のスーパーではもちろんのこと、自然食品店でも見たことがありません。

都会のスーパーフードを専門に扱うようなお店でないと見つけることは難しいかと思いますが、ネットだとちらほらあるようなので、興味のある方はチェックしてみてください。

参考になれば幸いです★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^