スクート(SCOOT)でシンガポールからさらにその先へ乗り継ぐ場合の注意点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは!

突然ですが、スクート(SCOOT)をもう利用しましたか?

昨今日本でも様々なLCC(格安航空会社)が参入してきており、実際に利用されている方も多いと思います。

いろいろな航空会社が参入しているので、もはやどんな航空会社があって、どれがLCCなのかも分からなくなってきていますが(笑)、その一つにスクート(SCOOT)という格安航空会社があります。

シンガポールの会社で、台北を経由して、成田⇔シンガポール間を就航しています。

台北を経由するので直行便より時間はかかりますが、何と言っても安さが魅力です。

台北に行かれる方にも有益な選択肢となるでしょう。

日本からの場合、成田⇔シンガポール間がメインルートですが、もちろんその後も乗り継いで様々な国に行くことが出来ます。

シンガポールはアジアのハブなので、そこから安くいろいろな国にアクセスできます。

スクート自体もシンガポールから他の国へのルートをたくさん持っているので、利用する方も多いでしょう。

ただ、スクートを使ってシンガポールからさらにその先に乗り継ぐ場合、少々注意点があるのでここで紹介したいと思います。

スクートで乗り継ぎの際の注意点

まず成田を出発した便は台北に降り立ちます。

台北までの方はそれでオーケーですが、シンガポールに行かれる方は一度飛行機を降りて、乗り換えなければいけません。

乗り換えはカンタンで、荷物を持って、transferと書かれた矢印に向かって進んでいきます。

するとスクート利用者のための受付があるので、そこでトランジットーカードを受け取ります。

IMG 0467

こちらがトランジットカードです。

これを受け取り、荷物検査を受ければ後はゲートでシンガポール行きのフライトを待つだけです。

乗り継ぎ時間は1時間ほどあるので、余裕があります。

さて、台北を出発した飛行機がシンガポールに着いたら、シンガポールで降りる方はそのまま入国審査へ進みましょう。

ここからが本題です。

スクートでシンガポールからさらに他の国に乗り継ぐ賢い方法をお伝えします。

まずスクートのwebでシンガポールよりさらに先に乗り継ぐ航空券を購入する際、スクートスルー(SCOOT Thru)というサービスを購入するか否かを求められます。

このサービスを利用すれば、シンガポールでの再度のチェックインが必要でなく、預け荷物もそのまま次の便にトランスファーしてくれます。

逆に言うと、スクートスルーを購入しないと一旦シンガポールの入国審査を受けて空港の外に出て、もう一度チェックインしないといけなくなります。

当然預け荷物も空港で受け取って、再度預けなければなりません。

これは非常に面倒です。

乗り継ぎの時間があまり無い方はもちろんのことですが、乗り継ぎの時間が多めにある方でもスクートスルーの購入をおすすめします。

理由は大きくて重い預け荷物を持って歩かなくていいことと、チャンギ空港は空港の外よりも中の方が圧倒的に快適だからです。

スクートスルーは24時間以内の乗り継ぎであれば利用出来ます。

因みにボクは16時間の空きでした。

1600円しますが、それだけの価値は十分あります。

それではスクートスルーを購入したという前提で、チャンギ空港での乗り継ぎ方法を紹介します。

飛行機を降りたら、Transfer E Loungeという場所に向かいます。

R0018900

こちらがラウンジです。

ここでシンガポールまでの航空券とパスポートを提示して、次の国へのフライトのチケットを受け取ります。

その際預け荷物(Check in Bag)がある場合はあると告げて下さい。

後は、チケットの引き換えはフライトの2時間前までにと記載されていますが、

乗り継ぎに時間がある方もチャンギ空港に着いたらすぐに引き換えにいって下さい。

ボクも16時間空きがありましたが、到着後すぐに行って発券してもらえました。

発券後は、空港内で自由に過ごすことができます。

チャンギ空港は施設が非常に充実しているので、過ごしやすいです。

スクートでの安心安全なフライトの参考になれば幸いです♪

ホテルの予約はこちらのサイトが格安で無駄な手数料が一切なく、宿泊料金も現地支払いでキャンセルや変更も柔軟、尚かつ日本語のサイトなので非常に便利です。
Booking.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^