21世紀の旅のスタイルとは?新しい旅行スタイルへの誘い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは!

旅行というと、国内なら2泊3日くらい、海外なら1週間〜2週間くらいの期間で行かれる方が多いのではないかと思います。

仕事や学校のことを考えると、そのくらいの期間が限界かなあと思います。

ですが、ボクが実践している旅のスタイルは、少し異なったものです。

aboutnewstyleoftravel01〜20140324

行った先々で1ヶ月以上住んでみる”

そんなの無理ー!休み取れないー!といった怒りと嘆きの声が聞こえてきそうですが、ひとまず話を聞いてください^^;

まず、何を求めて旅や旅行に出かけますか?

おいしい食べものやショッピング、癒し、見たことのない素晴らしい景色…などなど人によって求めるものは様々だと思いますが、ボクが考える旅を充実させる最も重要なファクターは、”人との出会い”だと思います!

どんなにおいしい食べものを食べ、お得にブランド品をゲットしても、その土地でしか出会うことの無かった人々と過ごした時間の方が、思い出として深く心に刻まれるのではないかなと思うのです。

その素晴らしい体験が、あらかじめ決めておいたレストランに行き、急いで観光名所を巡り、最後にショッピングやお土産を買うのに奔走する旅では、なかなか実現しずらいような気がします^^;

またそのような旅では、その国の一面しか見えません。

完全にお客さん状態なので、盗難やよっぽどひどいアクシデントに見舞われない限り、”どこどこめっちゃ良かったー”で終わるでしょう。

その国の本当の良さや、その国のことを知るためには、やはり一定期間住んでみなければ分からないのではないかと思います。

物価が高かったり、交通機関が使い物にならなかったり、詐欺師がたくさんいたりする国かも知れませんしね笑

さらにこれは海外在住の多くの日本人が口にしますが、海外に住んでいると日本の素晴らしさが身にしみて感じられるということです。

日本ほど安全で、食べものが美味しくて、便利で、海も山も都市もあり、社会保障が一応(笑)整っていて、裕福な国は数えるほどでしょう。

ですが、日本にいるとそれがあまりにも当たり前なので、そういった素晴らしさを感じにくいですよね。

貧困や紛争が絶えない国々が数多くある中で、日本という国に生まれて、日本国籍を持っていることに感謝すべきだなあと日々感じています。

日本のパスポートはホントに最強で、多くの国をビザ無しで入ることが可能です。

中国国籍の方はシンガポールに入国するのにもビザが必要なんですよ!

日本人は3ヶ月もビザ無しで滞在可能なのにです。

そう考えるとホントに有り難いなあと感じながら、いつも入国審査を通過しております。

とりとめのない記事になってきたので、一ヶ月以上滞在することのメリットをまとめると、

・多くの人との”深い”出会いがある

・良い面悪い面含めて、その国のことを深く知ることが出来る

・改めて母国の素晴らしさを認識できる

・現地で彼氏彼女ができるかも(笑)

といった感じでしょうか。

個人的にはこれからの旅のスタイルとして、従来のパッケージツアーのような旅ではなく、少し深めにその国に入り込んでいくスタイルを求める方が増えてくるのではないかなあと考えています^^;

実際そのような方にも多く出会っていますしね。

縁あってこの記事を読まれた方は、

ぜひ、ここだ!とピンときた国、前から行きたいと思っていた国に一ヶ月以上滞在してみてください♪

一ヶ月続けたことは習慣に変わると言われています。

習慣ではないですが、一ヶ月住んでみるとまた違った気づきを得られるのではないかと思います。

それは住んでみた国のこと、母国日本のこと、はたまた自分の内面への気づきかもしれません。

それを楽しみに旅に出ましょう!

半年やそこら海外に行ったからって、あなたのキャリアに穴が空く訳ではありません笑

これから行かれる方の参考に少しでもなれば幸いです^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^