世界で5番目に小さい国「サン・マリノ」には一体何があるのか?




こんにちは!

サン・マリノ共和国。

世界で5番目に小さい国であり、最も古い共和国でもあります。

面積は61k㎡、人口は約3万2000人の国です。

国土の中央にそびえるティターノ山と歴史地区は世界遺産にもなっています。

しかし、多くの方はどこにあるのか、治安がいいのか悪いのかなど全く未知の国だと思います。

今回はそんなサンマリノの魅力を紹介すべく、観光スポットなどをお伝えします。

サンマリノはどこにあるのか?

サンマリノはイタリアの国土の中にポツンとあります。

場所的にはフィレンツェの東といった感じです。

そして山の上に国家があります。

サンマリノへの行き方

サンマリノへは、アドリア海屈指のビーチリゾートであるリミニが玄関口となります。

リミニからサンマリノへの詳しいアクセス方法はこちらをご覧ください。

サンマリノ観光

サンマリノの観光スポットは世界遺産にもなっている歴史地区に凝縮されています。

まずは城門をくぐって城壁の中に入りましょう。

Thumb P2111090 1024

こちらが城門です。

この中に街が広がっています。

Thumb P2101061 1024

このような通りが街中にたくさんありますが、土産物屋がとにかく多いです。

あとはレストランです。

Thumb P2101060 1024

こちらが街の中心とも言えるリベルタ広場です。

訪れたのが閑散期だったので、人はまばらでした。

さて、個人的にサンマリノの最大の魅力は絶景だと思います。

山の上にあるので、眼下を見下ろす景色が素晴らしいです。

さらにサンマリノの観光スポットに要塞があるのですが、そこに行くまでの道も絶景スポットの宝庫です。

Thumb P2101068 1024

天気が悪かったので残念ながら要塞は雲に隠れてしまっていますが、晴れていれば天空の城のような素晴らしい写真が撮れるでしょう。

要塞の中に入るには入場料がかかりますが、中に入らずとも十分に満足できる絶景でしょう。

Thumb P2101071 1024

こちらも晴れていればアドリア海まで見渡せる絶好の撮影スポットですが、まさに残念すぎる天気です笑

このように、「絶景」というワードに反応する方にはたまらない国です。

またサンマリノには下の町と繋ぐロープウェイがあり、観光客に人気です。

Thumb P2111082 1024

こちらがロープウェー乗り場です。

料金は往復4,5ユーロ、片道2,8ユーロです。

晴れていればロープウェーからの眺めも最高だと思います。

天気が悪い時は全く意味がないのでやめましょう笑



まとめ

以上サンマリノについて紹介してきました。

前述した通りこの国の最大の魅力は絶景です。

ぜひ晴れている日に行くことをおすすめします。

ただ、山の上なので出発地のリミニが晴れていてもサンマリノは雲に隠れているということもままあります。

その点注意してください。

魅惑の国、サンマリノ。

イタリア旅行に行った際にはぜひ足を延ばしてみてください。

スポンサーリンク
記事内広告
記事内広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
記事内広告