ワーホリ出発前に日本で必ずやっておきたいたった一つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

ボクは現在カナダに住んでいるのですが、ここにいると「ワーホリで来ました!」という人によく会います。

その人たちと話していて、これは日本にいる時にやっておくべきだな、と感じたことがあります。

完全に個人的な意見なので、こんな考えもあるのかーと、気楽にお読みください★

ワーホリ出発前にやっておきたいたった一つのことは、英語の勉強ではありません。それは、

記事内広告

滞在資金集めをしておくです!

当たり前のように思われるかもしれませんが、意外に出来ていない方が多いのです。

所持金15万や30万で来ましたという方や、お金に縛られている方が結構多く見受けられるのです。

ワーホリで来た方に何の仕事をしているかを訪ねると、ジャパレスやレジのキャッシャー、コンビニやSUBWAYのようなサンドウィッチ屋、あとは工場でシール張りなどの雑務を行う仕事などが多いです。

これらの仕事が何を意味しているかというと、ほとんどが最低賃金の仕事ということです。

今、都心のコンビニや吉野家などのファストフード店、チェーン展開する飲食店などは、アルバイトの多くは中国の方です。

工場などは東南アジア諸国やインドなどから来た出稼ぎ労働者が多くなっていますね。

要するに日本で中国や東南アジア諸国の方々が担っている仕事を、こちらではワーホリの日本人が担うわけです。

英語が堪能で、特別なスキルを持っていない限り、滞在期間が一年しかないワーホリで最低賃金以外の仕事を見つけるのは厳しいかもしれません。

資金がある程度あれば良いですが、無い場合は生きていくために仕事をしなければならなくなり、これらの仕事でもやらざるを得なくなるかもしれません。

飛行機20140427

ここで自問してほしいのが、

自分が日本にいる時にも、本当にその仕事を選ぶだろうか?

ということです。

自分は日本にいる時も、コンビニでレジを打っているだろうか?

自分は日本にいる時も、工場で黙々とシールを張っているだろうか?

日本にいる時はレストランのウエイターなんて考えもしないのに、お金無いし英語も得意じゃないから仕方なくジャパレスで働くとか、工場での単純作業が本当は退屈だと思っているのに、お金が無いからやらざるを得ないとか。

せっかく仕事を辞めたりして時間を作って、長期でわざわざ海外に来ているのに、このように好きでもないことに時間使うのは、何か勿体ない気がしてしまいます。

実際そのような仕事に就いている方の話を聞くと、別に好きではないけど、お金のために仕方なくやっているという方が意外に多いのです。

それよりは、英語学校に通って英語を習得しながら世界中に友達を作るとか、初めて見る街を探索してみるといったほうがよっぽど有意義な時間の使い方のような気がします。

その上で、自分の興味のある仕事があるならアプライしてみればよいでしょう。

もちろん、海外のジャパレスで働くのが夢です!とか、単純作業が大好きです!とか、とにかくその国が好きで、仕事は何でもいいからそこに住みたい!という方は最高です★

そういった仕事は探せばたくさんあるので、異国で充実した最高のワーホリライフを送れるでしょう。

資金が少ないと生活するのに手一杯になり、自分の本当の目的や目標を見失いがちになります。

日本にいるうちに、出来るだけ資金集めを行っておくことをオススメします^^

国や、都市に住むか田舎に住むかにもよりますが、最低でも50万くらいは集めておきたいものです。

それだけあれば、大都市など物価の高い場所でも半年は生きていけると思います。

語学学校などに通う場合はプラス費用がかかりますが^^;

とりとめのない記事になった感もありますが、これから夢を持って出発される方の参考に少しでもなれば幸いです^^;

Lifestyle Organizerの更新情報はこちらから★いいね!やフォローお願いします

facebook

twitter

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^