ドイツやオーストリアでオーガニック製品や日用品を買うならドラッグストア「dm」が賢い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

旅行の際には、自分の使い慣れた日用品を持参していく方が多いと思います。

しかし、荷物が多くなるので日用品などは現地調達!という方や、長期旅行などで使い切ってしまうこともあるでしょう。

そんな時に活躍するのが、ドラッグストアです。

日本でもドラッグストアはもはや人々の日々の生活に欠かせないものとなっています。

ヨーロッパでも同様で、日々の生活に必要なものが手軽に手に入る場所として、多くの方が利用しています。

特におすすめなのが、「dm」というドラッグストアです。

レンタングル(大)広告

ドイツ発のドラッグストア「dm」

dmはドイツのカールスルーエで産声をあげ、初出店は1973年という老舗ドラッグストアです。

ドイツとオーストリアで店舗が多く、どこの町にもある印象です。

この2カ国以外にも中央ヨーロッパに勢力を拡大しており、チェコ、スロベニア、ハンガリー、スロヴァキア、クロアチアなどにも店舗を拡大しています。

この「dm」、旅行の際には非常に重宝します。

まず、ドイツやオーストリアの主要都市では中心部に何店舗もあるので利便性が非常にいいです。

Thumb P5080045 1024

こちらはミュンヘンにある店舗です。

店内は非常に綺麗で、洗練された印象です。

ミュンヘンなどは街中に何店舗もあります。

Thumb P5181564 1024

こちらはハンガリーのブダペストにある店舗です。

国による違いは特にありません。

売られていいる商品は異なりますが。

そしてdmの最も感心させられるところは、なんと自社のプライベートブランドのオーガニック製品を販売しているんです。

Thumb P5080039 1024

こちらはプライベートブランドのシリアル類です。

Thumb P5191686 1024

オーガニックのお茶や、ストレートの人参ジュースなども売っています。

しかも、オーガニック製品なのに値段が安いんです。

自分用にはもちろんのこと、お土産を買うにも重宝しそうです。

もちろん日用品や化粧品類も豊富に揃っているので、消耗品類やオーガニック製品をお求めの方は絶対行くべきです。

欧米のドラッグストアは本当の意味での薬局の要素が強く、日本のドラッグストアのように薬の隣に添加物だらけのお菓子やカップラーメンなどが置いてあることはありません。

よくよく考えるとおかしな話ですが、健康のことを考えたらdmの行っている行動は理にかなった活動です。

ドイツやオーストリアやその他の国に行かれた際はぜひ訪れてみてください。

参考になれば幸いです。

dm

レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^