リスボン最安のホステルを紹介!メリット、デメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

ポルトガルの首都リスボン。

大都市だけあり、たくさんのホテルがありますが、宿泊費を抑えるならゲストハウス(ホステル)という選択になるでしょう。

今回はそのホステルの中でも最も安い宿を紹介します。

記事内広告

リスボンの格安ホステル

今回紹介するのはMetro Hostel Lisbonです。

早速このゲストハウスのメリット、デメリットを挙げていきましょう。

Metro Hostel Lisbonのメリット

1.駅から近い

Saldanha駅の近くなので大きい荷物がある方には便利です。

2.朝食が付いてくる

8時半から無料で朝食が付いてきます。

基本はパンとシリアルですが、なんとリンゴもありました!

フルーツを出してくれるところはあまりないのでポイント高いです。

3.安い!

Booking.comで一泊6ユーロでした笑(市税として別途1ユーロ必要)

アジアの安宿レベルです。

Metro Hostel Lisbonのデメリット

1.リスボン中心部からは遠い

リスボンの中心部、ロシオ広場からだと徒歩35分以上かかります。

ボクは徒歩で移動していましたが、ちょっときつかったですね。

2.キッチンは狭く、ラウンジはない

キッチンは一人暮らしの家といった感じです。

5人入ればいっぱいといった感じで、朝食は基本立ち食いです笑

wifiが部屋ではあまり繋がりにくいのにラウンジもないのは不便でした。

3.トイレ、シャワーが少ない

ユニットバスが二つだけなので、誰かがシャワーを浴びている間はトイレも利用できません。

個人的にはそこまで困りませんでしたが、時間によってはシャワー待ち、トイレ待ちをしなくてはいけないかもしれません。

4.部屋が臭い笑

ボクの泊まった部屋は欧米人の男特有の匂いが充満していました笑

安宿にはよくあることですが、気になる方は控えた方がいいかもしれません。

Thumb P1220242 1024

ドミトリーはこんな感じです。

小さいですがロッカーもありました。

まとめ

以上のことからこのホステルに泊まるべき人は、

・地下鉄の1日乗車券でリスボン観光しようと考えている方

・ホテルに快適性は求めずできるだけ安く済ませたい方

・リスボン滞在は1日のみですぐに次の目的地に移動する方

などにはすごく良いと思います。

ホテルの場所なんですが、駅からは近いのですが看板などはなく非常に分かりづらいので説明します。

Thumb P1210151 1024

こちらがエントランスです。

看板はないのですが、チャイムのところに小さく表示があります。

Thumb P1210150 1024

目印はこれだけなので頑張って探してください笑

予約はBooking.comが最安で予約できて現地払いで良いので便利です。

参考になれば幸いです。

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^