徹底比較!スペイン旅行で最もおトクに使える海外レンタルWifiルーターは?




こんにちは!

海外旅行や海外出張で問題となるのは、外出先でのインターネット環境でしょう。

日本にいるときのように、常にインターネットにつながる環境というわけにはいきません。

ホテルに帰ればワイファイに接続できますが、最も必要となるのはやはり観光などをしている外出時です。

お目当ての場所への行き方や美味しいレストランの検索、家族や友人との連絡など外出時こそインターネット環境が必要なことが多いと思います。

そこで今回は海外レンタルワイファイルーターで実績のある4社を比較し、スペインでの旅行や出張で最もおトクに使える海外レンタルWifiをお伝えします。

記事内広告

スペインでの海外レンタルワイファイルーター比較

まずはイモトのWifiです。

芸能人を起用していることもあり、こちらが海外レンタルワイファイルーターでは最も有名ではないかと思います。

端末は空港での受け取りの他、宅配や本社(渋谷)での受け取りなども可能なのが特徴です。

また当日に空港での申し込みも可能です。

新千歳、成田、羽田、中部国際、関西国際、福岡と主要な空港で対応しているので、忙しくて事前に申し込みできない場合などにはありがたいサービスです。

空港に返却ボックスがあるので、帰国したらすぐに返却できるのもストレスフリーで良いです。

1基で5台まで接続できるので、グループで旅行の際も便利です。

肝心の料金は4G/LTE、容量500MBで1日1580円です。

デメリットはイモトのWifiは手数料が色々とかかります。

まず空港での受取と宅配での受取の場合、受取手数料として500円+税がかかります。

本社(渋谷)で受け取る場合は受取手数料はかかりません。

さらに事前受取手数料というのもあります。

これは本社受取と宅配受取の受取日を前倒しする際に1日ごとに450円+税がかかります。

本社受取と宅配受取の受取日は基本的に出発前日となっています。

従って手数料を全く払わなくて良い状況は、前日に本社で受け取れる場合のみとなります。

これができる方はかなり少数だと思いますので、多くの方は何かしらの手数料を払わなくてはいけません。


次に紹介するのはエクスモバイルです。

こちらはwebサイトが洗練されています。

端末の受取は宅配と空港受け取りが選択できます。

宅配、空港受け取りとも無料です。

ただし宅配で受け取る場合、受取日は前日が基本で、その前に受け取りたい場合は別途手数料がかかります。

しかし、エクスモバイルは返却に手数料がかかります。

最も安いレターパック返却で360円かかります。

空港返却は成田空港のみで、返却手数料が1080円もかかるので選択肢には入らないでしょう。

料金は4G/LTEの300MBで1日950円、500MBで1250円です。

300MBの安いプランがあるのが特徴です。

インターネットをあまり使わない方にはオススメです。



3社目は海外グローバルWiFiです。

こちらの会社の特徴は受け取れる空港が多い点です。

成田や関空、新千歳などの大都市の主要空港の他、旭川、仙台、静岡、新潟、小松、伊丹、宮崎、那覇空港でも受け取りができます。

地方空港から海外に出発する方にとっては嬉しいサービスです。

もちろん宅配での受取も可能です。

こちらも前日受け取りが原則で、それより前に受け取りたい場合は別途手数料がかかります。

返却は空港で返却可能です。

主要空港には返却ボックスがあり、24時間返却可能です。

空港又は前日に宅配で受け取りを行い、帰国日に空港で受け取れば手数料はかからず利用できます。

5台まで接続できるのでグループで旅行する際も最適です。

料金は4G/LTEの250MBで1日1206円、500MBで1396円となっています。

さらに1GBの超大容量プランがあるのも特徴的です。

こちらは1日1586円です。



最後に紹介するのは、ユーロデータです。

ユーロデータの受け取りは宅配と空港受け取りが選択可能です。

成田、羽田、中部国際、関西国際空港に対応しています。

そして宅配、空港受け取りとも手数料無料です。

返却は帰国日か、帰国翌日にポスト投函または郵便局に持ち込めば手数料無料です。

帰国日翌日までの消印が付いていればオーケーです。

よって基本的に受取、返却とも手数料無料で利用することができます。

さらにユーロデータのおすすめポイントとして、2カ国以上に対応している点が挙げられます。

通常他の海外レンタルワイファイは1カ国対応で2カ国以上利用の場合は追加料金が取られますが、ユーロデータはヨーロッパのほぼ全地域に対応しており追加料金なしで利用できます。

ポルトガルやフランスなど近隣諸国も行かれる方には便利です。

そして肝心の料金ですが、4Gで容量500MBで1日なんと880円です。

LTEでないところが他者と異なりますが、500MBでこの値段は破格です。

手数料もかからず、レンタル料金も最安ですので、最もおトクに利用できる海外レンタルワイファイです。



まとめ

以上のように最もコスパが良くておすすめなのはユーロデータです。

申し込みも出発前日の17時までなら対応可能なので、急な利用にも便利です。

大半の方はユーロデータで問題ないと思います。

地方空港で受け取りたい場合は海外専用グローバルWiFiも選択肢になってくると思います。

どちらも受け取り、返却手数料がかからないのも魅力です。

お住まいの地域や予定などに合わせて利用してみてください。

参考になれば幸いです。

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^