寝床争奪戦!?羽田空港での賢い深夜滞在の行い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

Thumb IMG 2807 1024

東京の空の玄関口としてすっかり定着した羽田国際空港。

海外都市への発着便も大幅に増え、幾つかのLCCも就航するようになり存在感を示してきています。

それに伴い利用客も格段に増えています。

羽田空港は24時間稼働しているので早朝出発や深夜着の便の場合、空港に泊まりたいと考える方もいるかと思います。

そこで今回は羽田空港での賢い夜明かしの方法についてお伝えします。

レンタングル(大)広告

羽田空港で快適に夜明かしするたった一つの方法

まず羽田空港には国内線ターミナルと国際線ターミナルがありますが、深夜滞在できるのは国際線ターミナルのみとなります。

この空港で快適に過ごすために最も重要なことは、なるべく早く空港に着くことです。

前述した通り羽田空港は利用客が非常に多いので、ソファーやベンチなど快適に眠れる場所は争奪戦となります。

Thumb IMG 2805 1024

Thumb IMG 2806 1024

こちらは以前札幌発の便が天候不良で遅れて自宅に帰れなくなった時の光景です。

深夜1時前だったのですが、寝れそうな場所を羽田空港の隅から隅まで探し回ったのですが、空いている場所は見当たりませんでした。

その時は仕方なく適当な場所のコンクリートの地面で寝ました笑

ソファーやベンチなどが空きだすのは大体午前4時頃からです。

この時間になると早朝出発の便の搭乗手続きが始まりだすので、空きが出てきます。

Thumb IMG 2808 1024

自分もやっと午前4時にこちらの超快適なソファーに移動することができました笑

肌感覚的にはこのような良質なソファーやベンチをゲットするためには22時〜23時くらいには空港に着いていた方がいいでしょう。

または蒲田駅周辺で安宿をとるのも選択肢の一つにはなります。

楽天トラベルで蒲田駅周辺のホテルを検索

以上羽田空港の深夜滞在のポイントについてお伝えしていきました。

快適な空港滞在の参考になれば幸いです。

レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^