ポルトの入りやすくておすすめなワイナリー@ CROFT

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

ポルトガル北部の大都市ポルト。

街全体が歴史地区として世界遺産に登録されているため、多くの観光客が訪れています。

しかし、世界遺産の街並みと同じくらい注目を浴びているのが、ワイナリー巡りです。

ポルトはポートワインという有名なワインの産地になっています。(厳密に言うとドウロ川の上流域)

普通ワイナリーというとブドウの産地に併設されているので、必然的に郊外になってしまいます。

日本でも山梨や長野が有名ですね。

しかし、なんとポルトは街の中心から歩いていける場所にワイナリーが立ち並んでいます。

わざわざ郊外まで足を運ばずに、手軽に上質のワインを楽しむことができるんです。

ただ、ワイナリーはなかなか入りづらいというのも心情です。

そこで今回は入りやすくて気軽にポートワインを楽しめるおすすめワイナリーを紹介します。

記事内広告

ポルトのおすすめワイナリー

今回紹介するのは、CROFTです。

1588年創業の老舗中の老舗です。

ちなみにワーナリーが点在する場所は中心部からドウロ川を渡った対岸にあります。

ワイナリーがある一帯はヴィラ・ノヴァ・デ・ガイアと呼ばれています。

この場所に何十軒ものワインセラーが立ち並び、ポルトの一大観光地となっています。

CROFTはその中でも坂を少し登ったところにある、隠れ家的なワイナリーです。

Thumb P1280818 1024

こちらがエントランスです。

中が見えにくくなっていますが、臆せず扉を開けましょう笑

Thumb P1280812 1024

Thumb P1280814 1024

Thumb P1280815 1024

ワイナリーの中は開放的でおしゃれな空間になっていました。

ワインの樽で作られたテーブルや椅子もセンスが良いです。

二箇所ほどのカウンターがあり、そこで気軽にテイスティングすることができます。

値段はワインによって3〜5ユーロ程度。

10ドルで3種類テイスティングできるプランもあります。

Thumb IMG 3299 1024

Thumb P1280816 1024

ポートワインには使われるブドウや熟成期間によって8種類に分けられます。

その中でまず第一にテイスティングしたいのはルビーです。

ルビーは最も一般的なポートワインです。

こちらの値段は3ユーロでした。

ポートワインは発酵の途中にブランデーなどを加えて発酵を止める、酒精強化ワインです。

非常に甘いので、ワインの渋みや苦みが苦手な方には飲みやすいでしょう。

ゆったりとした時間が流れる素敵なワイナリーなので、ゆっくりと時間をかけて訪れたい場所です。

営業時間は毎日10:00〜18:00です。

CROFTの場所

これから行かれる方の参考になれば幸いです。

CROFT

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^