New Zealand

ダニーデンの無料で楽しめるおすすめ観光スポットまとめ!

 

こんにちは!

 

ダニーデンはスコットランド調の町並みが非常に美しい文化都市です。

都市機能と自然がうまく融合しているので、過ごしやすいです。

 

またイギリスの影響を受けているからなのか、美術館などの芸術施設が無料のところが多いので、アート関連が好きな旅行者にとっては天国といって良いでしょう。

 

今回はそんなダニーデン中心部で無料で楽しめる観光スポットをまとめました。

これからダニーデン観光に行かれる方は必見です。

 

では早速いってみましょう。

 

ダニーデン無料観光スポット全6カ所!

まずはこちら。

 

R0019653

 

Otago Museum(オタゴ博物館)です。

 

R0019654

 

ニュージーランドの先住民族マオリの伝統文化などを主に紹介しています。

2階にはディスカバリーワールドという施設がありますが、そこは有料ですので注意して下さい。

 

 

続いてはこちら。

 

R0019559

 

Dunedin Public Art Gallery(ダニーデン市立美術館)です。

ここは立地が良くダニーデン市内の中心、オクタゴンにあります。

 

R0019560

 

ニュージーランドで最も古い美術館のようです。

また、オタゴ博物館、市立美術館ともなんとWifiフリーです!素晴らしいですね。

 

続いてはこちら!

 

R0019575

 

Otago Settlers Museum(オタゴ入植者博物館)です。

ここはオタゴ地方の入植者の歴史を紹介しています。

 

古き良きヨーロッパのレトロな家具やテキスタイル、衣装などがたくさん展示されており、個人的にはアート関連施設の中では最も面白くておすすめです。

 

 

4つ目はこちら。

 

R0019556

 

Cadbury World(キャドバリーワールド)です。

ここはニュージーランドで人気のチョコレートメーカー、キャドバリーの工場&ショップです。

 

ニュージーランドではダニーデンにしかありません。

工場の見学ツアーは結構いい値段取られますが、中に入るのは無料です。

 

R0019551

 

企業カラーの紫が印象的な内装です。

奥がショップになっていて、たくさんのチョコレートが売っているので、お土産を買うにはもってこいです。

 

 

5つ目行ってみましょう。

 

R0019707

 

Dunedin Botanic Garden(ダニーデン植物園)です。

こちらも美術館と同じくニュージーランド最古の植物園のようです。

 

R0019727

 

広大な敷地に草花が咲き乱れています。

散歩やピクニックには最適な、スピリチュアルな空間です。

 

 

最後を飾るのはこちら。

 

R0019620

 

オタゴファーマーズマーケットです!

 

毎週土曜日、朝8時〜12時半にダニーデン駅舎北側駐車場にて開かれています。

野菜やフルーツはもちろんのこと、パンやその他加工食品、クラフトや花などあらゆる物が売られています。

 

ホットドックなど、軽食を販売している所ももちろんあるので、小腹が空いた際にも良いですね。

 

R0019623

 

尚、12時半までとなっていますが、12時を過ぎると閉めてしまう店がほとんどなので、午前中のうちに行った方が良いでしょう。

運良く土曜日にダニーデンに滞在出来る方はマストでしょう。

 

 

以上、ダニーデンのおすすめ無料観光スポットを紹介してきました。

 

ダニーデンにはこの他にも教会やダニーデン駅舎など、歴史的なスコティッシュ建築が多数残っています。

それらを巡る旅もまたおすすめです^^

 

ボタニックガーデンは徒歩20分〜30分程かかりますが、それ以外は近いので、ぜひ訪れてみて下さい。

 

宿の予約はこちらのサイトが格安で無駄な手数料が一切なく、宿泊料金も現地支払いでキャンセルや変更も柔軟、尚かつ日本語のサイトなので非常に便利です。

Booking.com

 

これからダニーデンに行かれる方の参考になれば幸いです★