オーストラリアに行く方必携!オーストラリアドルをお得に両替できる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは!

南半球の大国オーストラリア。

現在夏真っ盛りのオーストラリアは、大自然でのアウトドアアクティビティから都市でのショッピングなど様々な楽しみ方があります。

言わずと知れたワーキングホリデーの人気国でもあり、LCCも就航しているので日本からも多くの方が訪れると思います。

反対にオーストラリアから日本への観光客も増えている模様で、特に日本のスキー場がオージーには大変人気のようです。

オーストラリア旅行の際にネックなのは両替です。

日本円⇔オーストラリアドルは需要が多いとは思うのですが、主要通貨ではないので手数料などが非常に高いです。

ドルやユーロを日本で両替しても為替レートとそこまで大きな開きはありませんが、オーストラリアドルを日本で両替しようとすると10円近くの開きがあります。

またオーストラリアの銀行や空港などで両替するのは絶対避けた方が良いです。

ボクは一度オーストラリアの空港の両替所で1000円を両替したら6ドルほどしか返ってきませんでした。

なんで?と聞いたら手数料という答えが返ってきました。

5ドル以上も手数料をとられることになるので、これを読んでくれている方は、同じ過ちを繰り返さないようにして下さい笑

オーストラリアはほとんどの所でクレジットカードを利用できますが、現金を全く持っていないというのも不安ですし、もちろんクレジットカードが使えない場面も多々あると思います。

そこで今回はオーストラリアドルをお得に両替する方法をお伝えします。

これからオーストラリアに行かれる方は必見です!

オーストラリアドルをおトクに両替する2つの方法

まず1つ目はクレジットカードの海外キャッシングです。

これは多くの方がご存知ではないかと思います。

訪れた国のATMでお金を引き出して、後日返済します。

キャッシングと聞くと不安になる方もいるかと思いますが、海外キャッシングの場合は両替するよりも手数料が安く済む場合が多いです。

ただ日にちが過ぎるごとに利子が上がっていくので、短期の旅行者にオススメの手段です。

もしお手持ちのクレジットカードに海外キャッシングの枠があるなら検討してみるとよいと思います。

ただ、カードによってはキャッシングの返済がリボルビング払いしかできないカードなどもあるので注意が必要です。

2つ目ですが、海外キャッシングできるクレジットカードを持っていない、キャッシングはちょっと怖い、ワーホリや留学など中長期滞在する方にはマネパカードという海外専用プリペイドカードがオススメです。

マネパカード5つのおすすめポイント

まずは圧倒的な手数料の安さです。

前述した通り日本でオーストラリアドルを両替すると手数料が10円近く取られます。

その他の会社の海外キャッシュカードでも手数料は1,6%から多い所だと4%ほど取られます。

王道のクレジットカード払いにしても、支払った日のレートから約1,6%の手数料を上乗せして支払います。

実はマネパカードはクレジットカードで支払うよりも安くなります。

詳しくは公式サイトを見ていただければわかりますが、手数料はクレジットカード払いの約50%です。

世の中で手数料ほど無駄なお金はありませんから、これはかなりおトクです。

次にクレジットカードのような審査が無い点です。

フリーランスの方や収入が少ない方などはクレジットカード審査が通らない可能性が高いです。

そうなると必然的に海外キャッシングという方法は使えません。

そんな方にとってはまさに神的なカードだと思います。

また16歳から申し込みできるので、留学を控える高校生にもオススメです。

R0019027

3つめはネットで全てが完結する点です。

ネットでカードにお金をチャージして、現地のATMで現金を引き出す仕組みになっています。

ネットで全てが完了するので、いつどこにいても即座にチャージできる点が魅力です。

もちろん申し込みもネットから最短5分で行えます。

4つ目はオーストラリアドル以外の通貨にも使える点です。

2016年2月現在、米ドル、ユーロ、ポンド、香港ドルにも対応しているので、これらが使える国に行く際にも威力を発揮します。

米ドルをチャージしていれば上記5つ以外の通貨でも引き出すことが出来るようですが、それだと二重に両替することになるのと、クロスボーダー手数料という余分な手数料がかかるので、あまり使い物にはならないでしょう。

最後に保証です。

ICカードになっているため偽造などの不正利用を防止できます。

またカードで購入した商品が破損や盗難などにあった際にも50万円まで補償されます。

マネパカードのマイナスポイント

マネパカードはたしかに為替手数料に関しては素晴らしく安くて最高なのですが、その他の部分で手数料がかかる場面があります。

1つ目は海外ATM利用手数料です。

これは海外のATMで現地通貨をおろす時にかかります。

大体200円ほどかかります。

オーストラリアは一回につき2,5ドルとられます。

よって、こまめにお金をおろすのではなく、一回で使う分おろした方が手数料がかからなくておトクです。

2つ目はカードにチャージして余ったお金を日本の銀行口座に戻す時に手数料がかかります。

こちらは一回500円かかります。

チャージ自体は無料で出来るので、必要な金額だけこまめにチャージしていくというのが得策だと思います。

以上オーストラリアドルのおトクな両替方法及びマネパカードについて見ていきました。

ATM利用手数料が少しかかりますが、それでも為替手数料が格安なのでトータルで見るとかなり優れたカードだと思います。

作成も無料で出来て、年会費も無料なので、これからオーストラリアに行く方はもちろん、海外旅行が好きな方や海外出張が多い方は持っておいて損は無いと思います。

さらに詳しい説明はホームページをチェックしてみてください。

これからオーストラリアに行かれる方の参考になれば幸いです★

マネパカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^