クライストチャーチ観光の必需品!metro cardの賢い使い方と入手方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは!

ニュージーランド南島の最大都市であるクライストチャーチ。

南島観光の玄関口であるとともに、観光都市としての一面も持ち合わせています。

クライストチャーチはオークランドに次ぐ規模を誇る都市であり、見所も広範囲にわたっています。

そんなクライストチャーチ観光の必需品とも言えるのが、metro card(メトロカード)です。

今回はmetro cardの使い方やチャージ方法、どこで手に入るかなどを詳しくお伝えします。

metro card(メトロカード)とは

metro cardとは、日本のPASMOのような交通カードです。

Thumb P6022241 1024

こちらが現物です。

チャージして使うと現金で払うより割安でバスに乗ることができます。

注目はその割引率で、現金で払うよりも40%近く安くなります。

metro cardはどこで買えるのか

クライストチャーチに着いたらまずはmetro cardを入手しましょう。

市内中心部でmetro cardが買える場所は、Bus Interchangeと呼ばれる大型バスターミナルです。

Thumb P6022260 1024

こちらがBus Interchangeです。

近代的なフォルムはとてもバスターミナルとは思えません。

そしてmetro cardはここのinformation窓口で買えます。

Bus Interchangeの場所

カード自体は10ドルで、チャージ金額は最低10ドルです。

ちなみにチャージのことをニュージーランドではtop up(トップアップ)と言います。

トップアップも窓口で行えます。

metro cardの何がそんなにおトクなのか

では肝心のおトク度なんですが、まずZONE1のバス乗車料金が2,55ドルになります。

クライストチャーチのバスゾーンにはZONE1とZONE2がありますが、ほぼ全ての観光スポットはZONE1内にあります。

そして、2時間以内なら何回バスに乗っても2,55ドルです。

また2時間を超えても2倍の5,1ドルになりますが、そこから値段が上がることはありません。

つまり、5,1ドルで1日乗り放題ということになります。

ちなみに現金の場合は1回4ドルかかり、トランスファーも一回だけしかできません。

そして、metro cardの恩恵を最も受けられるのが市内からクライストチャーチ空港へのバスを利用する方です。

空港へのバス料金は現金だと8,5ドルかかりますが、metro cardがあれば2,55ドルでいけます。

5,45ドルの節約になるので素晴らしいですね。

metro cardを使ってのバスの乗り方ですが、乗車前に読み取り機にタッチするだけです。

簡単ですね。

カード購入に10ドルはかかりますが、それ以上の価値を発揮してくれるカードです。

ワーホリなどの長期滞在の方はマストで持つべきですし、観光客であっても絶対持った方が良いでしょう。(特に空港利用する方)

これからクライストチャーチに行かれる方は是非検討してみてください。

参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^