ナポリ⇆フィレンツェのおトクで便利な行き方はこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

Thumb P2090995 1024

ピザ発祥の地であり、美しい景観から世界遺産にも登録されているアマルフィ海岸への玄関口でもあるナポリ。

ルネッサンスの栄光を今に伝える古都フィレンツェ。

どちらも大都市であり、観光都市としても人気の街なのでこの区間を移動する方も多いでしょう。

そこで今回はナポリ⇆フィレンツェ間のおトクで便利な行き方を紹介します。

記事内広告

フィレンツェ⇆ナポリのアクセス方法

フィレンツェ⇆ナポリ間の移動は電車とバスがあります。

このうちバスは便にもよりますが6時間〜7時間乗車しなければならず、料金もそこまで安くはないのであまりオススメはできません。

よってここでは電車でのおトクなアクセス方法をお伝えします。

ナポリ⇆フィレンツェの鉄道でのアクセス方法

この区間の鉄道にはざっくり言って2つの選択肢があります。

一つは日本で言うところの新幹線である高速鉄道で移動する方法です。

高速鉄道は国営企業のTrenitalia(トレニタリア)のFRや、民間企業のItalo(イタロ)があります。

こちらが最もオーソドックスな方法で多くの方が利用している選択肢です。

料金は他の移動手段よりは若干高いですが、2時間50分で到着する速さと快適さがウリです。

もう一つはTrenitaliaの長距離列車であるICを利用する方法です。

こちらも長距離列車で全席指定席の便なのですが、TrenitaliaのFRやItaloに比べると安いです。

ただし問題は5時間10分かかることです。

さらにフィレンツェの発着駅がフィレンツェの中央駅であるサンタマリアノヴェッラ駅ではなく、そこから3キロ以上離れたRifredi駅です。

ですのでフィレンツェ中央駅からRifredi駅までの電車代も余分に払わなければなりません。

以上のことを考えると、Trenitalia(トレニタリア)のFRやItalo(イタロ)で移動するのが最も賢く便利な方法だと思います。

おトクなチケットをゲットするには

前述したようにイタリアの高速鉄道はTrenitaliaとItaloが運行しています。

一社独占ではないので、価格競争が起こり良心的な価格で高速鉄道を利用できるようになっています。

フィレンツェ⇆ナポリ間ですが、Italoの方が基本的には安いです。

ただイタリアの高速鉄道は新幹線のようにいつ買っても同じ値段ではなく、乗車日に近くなるほど高くなっていきます。

ですので日程が決まったら早めにチケットをゲットした方が良いです。

目安としては、乗車日2週間前くらいであれば最安値のチケットがあります。

それより近くなると、徐々に値段が上がっていく印象です。

私はItaloを2週間ほど前に購入し、24,9ユーロでした。

Thumb P2050451 1024

こちらがナポリ中央駅です。

ローマのテルミニ駅に匹敵するくらい大きな駅です。

駅の構内に入っていくとプラットホームがあります。

Thumb P2070739 1024

こちらがItalo(イタロ)です。

真っ赤な車体が特徴です。

Thumb P2070740 1024

こちらが2等車です。

2等車は値段が安いため常に満席状態です。

Thumb P2070741 1024

2等車ですが、座席には電源も完備されており快適です。

Thumb P2080798 1024

そしてこちらがフィレンツェサンタマリアノヴェッラ駅です。

こちらもナポリ中央駅に負けず劣らず大きな駅です。

因みに前述したもう一つの手段であるTrenitaliaのICは9,9ユーロでした。

時間も5時間以上かかり、フィレンツェの発着駅も中央駅ではないですが、お金を重視する方にはこちらも選択肢になるかもしれません。

尚、両方ともネットから予約可能です。

以上、ナポリ⇆フィレンツェ間のおトクで便利な行き方をお伝えしました。

これから行かれる方の参考になれば幸いです。

Italo(イタロ)

Trenitalia(トレニタリア)

イタロ(Italo)の乗車方法や注意点についてはこちら

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^