200円でシンガポール中心部からマレーシア(ジョホールバル)に行く方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

シンガポールは東京23区ほどの面積しかないので、容易にお隣マレーシアの第二の都市・ジョホールバルに行くことができます。

この二国の関係は面白く、橋を一本越えただけで、マレーシア側から見ると給与は倍かそれ以上、物価も2倍に跳ね上がります。

ですので、マレーシア人は高い給与を求めて、シンガポール人は安い日用品や食料品、レストランなどを求めて頻繁に行き来しています。

記事内広告

シンガポールからジョホールバルへ200円で行くには?

まずはバスターミナルを目指しましょう。

マレーシア行きのバスターミナルは、Bugisという駅から徒歩5分ほどのクイーンストリート沿いにあります。後ほど地図を紹介します。

singaporetojb01〜20140318

こちらがバスターミナルになります。

何社かマレーシア行きのバスを運行しているようですが、値段は変わらないので、ここでは最も有名と思われるcauseway linkという会社のバスで行く方法を説明します。

singaporetojb02〜20140318

こちらがcauseway link社のバス。

バスターミナルに着いたら、この黄色いバスに乗ってください。

どのバスも必ず国境に向かうので、黄色いバスに乗り込むと覚えておけば問題ないです。

料金は2,4ドル(約200円)。

乗る前に係員に支払う形です。

バスに揺られること30分ほどで、シンガポールの国境に到着します。

ここで出国審査を行うため、全員一度バスを降ろされます。

人の流れについていけば大丈夫です。

出入国管理局で出国スタンプを押してもらい、そこから階段を降りると、バスの発着所に到着します。

ここでcauseway link社のバスが発着する場所を探し、再度バスに乗り込みます。

その際もcaueway link社のバスであればどのバスでも構いません。

バスにてシンガポールとマレーシアの国境の橋、causeway bridgeを渡ると、今度はマレーシアの入国審査のためバスを降ります。

ここで入国のスタンプを押してもらえば、晴れてマレーシア入国です!

ジョホールバルの出入国管理局は市の中心部にあるので、観光目的の方はもうバスに乗る必要はありません。

JB centralという看板を見つけて歩いて行けば、チェックポイントと連結しているデパートCity squareに行けます♪

多くの方がCity squareに向かって歩いていくので、人の流れに合わせていけば問題ないと思います。

シンガポールの洗練された空気とは異なり、いい意味でも悪い意味でも雑色感を感じられるマレーシア。

お時間があればぜひチャレンジしてみてください!

ホテルの予約はこちらのサイトが格安で無駄な手数料が一切なく、宿泊料金も現地支払いでキャンセルや変更も柔軟、尚かつ日本語のサイトなので非常に便利です。
海外ホテル検索

これから行かれる方の参考になれば幸いです。

シンガポールのバスターミナルの地図を載せておきます★


大きな地図で見る

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^