意外や意外!マスタードの驚くべき健康効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

サンドウィッチやホットドックなどを作る際に活躍するマスタード。

冷蔵庫の中に常備しているご家庭も多いかと思いますが、実は意外に健康効果が高い優れものだということをご存知ですか?

今回はマスタードの効果効能と正しい選び方を紹介します。

記事内広告

マスタードの種類

まずマスタードにはいくつかの種類がありますのでまとめます。

・ディジョンマスタード
フランスのディジョン地方発祥のマスタードで、白ワインを用いているのが特徴です。

・粒マスタード
マスタードシードの粒を潰さずに残したマスタード。ソーセージなどのトッピングの定番ですね。
(wikpediaより)

この二つが私たちが普段使っている一般的なマスタードだと思います。

マスタードの効能とは?

マスタードには代謝を促進する効果があると言われています。

さらに我々の脂肪燃焼システムに働きかけ、脂肪を燃焼させる効果があるということです。

ダイエットに最適な食材ですね!

1日ティースプーン1杯ほど量を食べると良いとされています。

IMG 0566

このようなマスタードの素晴らしい効用を享受するためには、本物のマスタードを選ばなければいけません。

まず市販されている一般的なマスタードの成分を見てみましょう。

ヱスビー社
なたね油、ぶどう糖、醸造酢、卵黄、食塩、からし、でん粉、レモン果汁、砂糖、増粘剤(加工デンプン、キサンタンガム)、香料、酸味料、着色料(ビタミンB2)、酸化防止剤(亜硫酸塩)

O社
からし、食酢、食塩、酸化防止剤(亜硫酸塩)、酸味料

このように市販のマスタードには多くの添加物や油や砂糖などが含まれてしまっています。

O社は比較的シンプルですが。

本物のマスタードの成分はこんな感じです。

マスタードシード、ビネガー(酢)、塩、(水)

健康効果の高いマスタードに疲労回復効果の高いビネガーという黄金の組み合わせです!

このような原材料のマスタードを選んで下さい。

おすすめはこちらです!

ボフォールというフランスのブランドのマスタードです。

こちらのマスタードはマスタードシード、酢、塩という無添加でシンプルな作りになっています。

こちらのメーカーの商品はカルディでも買えるので、お近くに店舗がある方はチェックしてみて下さい。

参考になれば幸いです★

マスタードを使ったおすすめレシピはこちら★

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^