チアシードは?発芽毒を防ぐナッツやシード、豆類の浸水時間まとめ




こんにちは!

くるみ

美容と健康を支える食事に欠かせない食べ物といえば、ナッツやシード、豆や穀類です。

ローフードにおいても欠かせない食品たちです。

しかし、生のナッツやシードには酵素抑制物質というものが含まれています。

これを中和させるために行うのが浸水です。

浸水せずにたくさん食べてしまうと、酵素抑制物質によって体内での消化酵素が大量に必要となり、体に大きな負担となります。

食品に含まれる酵素を効率良く摂ることが美容と健康には重要ですから、酵素抑制物質が働いている食品を食べても意味がないわけです。

そして、ナッツやシードなどはそれぞれ浸水時間が異なります。

そこで今回は主なナッツやシード、豆類の浸水方法と浸水時間をお伝えします。

記事内広告

ナッツやシード、豆類の浸水時間

ナッツ

Food 浸水時間
アーモンド 8〜12時間
カシューナッツ 2〜4時間
クルミ 8〜12時間
ピーカンナッツ 8〜12時間
ブラジルナッツ 浸水なし
ヘーゼルナッツ 浸水なし又は4〜8時間
マカダミアナッツ 浸水なし又は2〜4時間
松の実 浸水なし

シード

Food 浸水時間
カボチャの種 6時間
ゴマ(外皮なし) 8時間
ゴマ(外皮あり) 4〜6時間
チアシード 12時間
ヒマワリの種 6〜8時間
フラックスシード 6時間
ソバの実(外皮なし) 6時間

豆、穀類

Food 浸水時間
オート麦 8時間
キヌア 4時間
ひよこ豆 12時間〜24時間
緑豆 8時間
レンズ豆 8時間
ムング豆 4時間
ワイルドライス 12時間

ナッツやシードの浸水方法

ナッツやシードをよく洗い、たっぷりの水につけてください。

浸水時間は上記に示した通りです。

浸水後は水を捨て、よく洗えばフィニッシュです。

そのまま食べても良いですし、料理に使ってもなんでもありです。

持っている方は少ないとは思いますが、ディハイドレーターがあれば、ローのままでカリカリの食感が味わえます。




以上、ナッツやシード、豆類の浸水方法と浸水時間をお伝えしました。

尚、浸水時間等はこちらの本と海外のサイトを参考にいたしました。

美容と健康には欠かせない食材であるナッツやシード。

正しい取り扱い方を身につけ、積極的に摂っていきましょう。

参考になれば幸いです。

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^