絶対失敗しないミルクパンの選び方と鬼おすすめ商品

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは!

お湯を沸かしたり、ミルクティーを作ったり、簡単なスープを作ったりと、とにかく使い勝手の良いミルクパン。

フライパンと並んで使用頻度の高い調理器具ではないかと思います。

ひとえにミルクパンといえども素材やデザイン、値段など様々な商品が出回っています。

せっかく買うなら機能的で長く愛用できるものを選びたいものですよね。

そこで今回はミルクパンの選ぶ際に注意したいポイントとオススメ商品をお伝えします。

これからミルクパンを購入しようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

良いミルクパンを選ぶための5つのポイント

①注ぎ口が両方についているか

ミルクパンを選ぶ際にまず第一に確認したいことは、注ぎ口です。

ミルクパンというのはその名の通りミルクなどの水分を温めることを主な用途としているので、注ぎ口が付いています。

しかし現在市販されているミルクパンのほとんどは、注ぎ口が取っ手を手前して左側のみにしか付いていません。

要するに右手にミルクパンを持って、カップに注ぐことを前提として作られています。

ですが右利きの方の場合、鍋やフライパンを持つのは圧倒的に左手が多いはずです。

右手は菜箸やスプーンや木べらなど調理をする道具を持ちますからね。

しかもめちゃめちゃ重い鉄鍋等なら別ですが、一人分のミルクを温めるくらいならそれほど重量もないので、圧倒的に左手にミルクパンを持ってカップに注ぐことが多いでしょう。

よって注ぎ口は右側にあったほうが絶対便利なんです。

市販のミルクパンは注ぎ口が右側のみというものは無いので、品数は減りますが左右両方に注ぎ口が付いているものを選んでください。

②容量

容量も重要です。

これは使用用途によって違ってくるので一概には言えませんが、1リットル以下だと少し物足りなく、1,5リットル以上だと一人分のお湯を沸かしてりするには大きすぎます。

目安としては1〜1,3リットルくらいが汎用性があって良いでしょう。

Latte

③色付きか

全面真っ白なホウロウのミルクパン。

その姿は確かに美しく、キッチン栄えします。

インテリアとしても効果抜群です。

しかし、白のミルクパンはとにかく汚れが目立ちます。

液だれもありますし、使っているうちに徐々に色もついてきます。

こまめに掃除ができる方なら良いですが、そうで無い方は色つきのミルクパンの方が賢明でしょう。

私も以前は白いミルクパンを使っていましたが、買い替えにあたり色つきに変更しました。

④素材とデザイン性

どうせ買うなら機能性はもちろんの事、デザインにもこだわりたいですよね。

オシャレで素敵なキッチン用具はそれだけでインテリアになりますし、毎日キッチンに立つ気分を盛り上げてくれます。

ミルクパンにはステンレス性とホウロウ(琺瑯)性のものが主に生産されていますが、機能性とデザイン性を求めるなら間違いなくホウロウ性です。

琺瑯とは、鉄やアルミなどの金属に、ガラス質の釉薬を高温で焼き付けたものです。

表面がガラス質のため殺菌の繁殖を防ぎ、化学変化を起こさないので食材の味や風味を変化させず衛生的であり、中が鉄のため熱伝導率が良く、保温性、冷却性にも優れています。

耐久性にも優れているので長く愛用でき、環境ホルモンを出すことがなく人にも地球環境にもやさしい製品です。(野田琺瑯より引用)

琺瑯製品には見た目に美しい白や赤など、素敵な色の製品が多いです。

前述したようにミルクパンには白はあまりオススメできませんが、お好みの色を選んでみると良いと思います。

⑤取っ手が木製ではない

ホウロウ性のミルクパンの中には取っ手が木製の商品があります。

デザイン的には確かにオシャレで良いのですが、木製だとガス火の場合焦がしてしまう恐れがあるのでおすすめはできません。

できれば取っ手までホウロウでできたものを選びましょう。

5つの条件を満たすおすすめミルクパン

では、前述した5つのポイント満たした素敵なミルクパンを紹介します。

それがこちらです。

Thumb IMG 3552 1024

月兎印というブランドのミルクパンです。

こちらは素晴らしいホーロー製品を70年以上に渡って作り続けている老舗、野田琺瑯が制作しているブランドです。

月兎印の琺瑯製品は現在でも「日本製」にこだわり、昔と変わらず一点一点熟練の職人よって手作業で生み出されています。

日本のものつくりの鏡と言っても良い製品です。

Thumb IMG 3548 1024

このように注ぎ口が両側に付いているので、左手に持って注ぐことができます。

そしてこの商品のすごいところは、液だれがほとんど起こらないことです。

ミルクパンで一番困るのは注いだ時に垂れてくることですが、こちらの製品は全く液だれしません。

こちらの製品は白、赤、ブラウンの3色があります。

私は汚れが気になるので赤にしましたが、液だれが全く起こらないのでこちらの製品だったら白でも良かったかなと、少し後悔しています笑

赤も十分オシャレで素敵なんですが。

容量も1,2リットルあるので、一人分のお湯沸かしから簡単なスープ作りまで幅広い用途で使えます。

デザインも文句なくオシャレなのでキッチンが明るくなります。

これからミルクパンを購入しようとしている方はぜひチェックしてみてください。

以上、ミルクパンの賢い選び方についてお伝えしていきました。

こちらの製品は3色あるので好みに合わせて選んでみてください。

これからのミルクパン選びの参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^