【アムステルダム】メトロ、バス、トラム1日乗車券の買い方と使い方、料金は?




 

こんにちは!

 

 

Thumb P4231396 1024

 

西欧の随一の観光都市であるアムステルダム。

 

アムステルダムは街の中心部が非常に広く見所が点在しています。

 

よって徒歩で全てを回るというのが困難な街です。

 

そこで今回はそんなアムステルダムで重宝する地下鉄、バス、トラム共通の1日(24時間)乗車券の買い方や使い方、料金などをお伝えします。

 

アムステルダム観光、滞在には必須のアイテムですので必見です。

 

記事内広告

アムステルダム1日乗車券とは

アムステルダム市内の交通はメトロもバスもトラムも全てGVBという組織が管轄しています。

 

よってGVBの1日乗車券を購入すればGVBが運行するメトロもバスもトラムも全てが乗り放題となります。

 

しかも1日乗車券と言っても24時間利用可能なので、13時に使い始めれば翌日の13時まで利用可能となります。

 

観光客にとっては利用価値が非常に高い乗車券です。

 

また2日乗車券(48時間有効)や3日乗車券(72時間有効)など、最大7日乗車券(168時間有効)まで発行しているので、ご自身の滞在期間に合わせた選択ができるのもポイントです。

 

因みにスキポール空港行きの鉄道には使えません。

 

アムステルダムのバス、メトロ、トラム1日乗車券の料金

料金は以下のようになっています。(2019年2月現在)

 

・1日乗車券(24時間有効)  8ユーロ

・2日乗車券(48時間有効)  13,5ユーロ

・3日乗車券(72時間有効)  19ユーロ

・4日乗車券(96時間有効)  24,5ユーロ

・5日乗車券(120時間有効) 29,5ユーロ

・6日乗車券(144時間有効) 33,5ユーロ 

・7日乗車券(168時間有効) 36,5ユーロ

 

 

このように日数が増えるごとに割安になっていきます。

 

多くの方は1日〜3日乗車券あたりが選択肢になってくると思います。

 

ちなみにシングルチケットは3,2ユーロです。

 

1時間以内なら何度でも乗り継げます。

 

1日に3回以上乗るなら1日乗車券を買ったほうがおトクになります。

 

1日乗車券はどこで買えるか

アムステルダム中央駅向かいにあるGVBのインフォメーションセンターの窓口でも購入できますが、常に行列ができていてオススメできません。

 

最も簡単で楽なのは自動券売機で購入する方法です。

 

自動券売機はどこの駅にも設置されていますが、わかりやすいのはアムステルダム中央駅地下にある地下鉄乗り場でしょう。

 

Thumb P4221329 1024

 

こちらがアムステルダム中央駅地下にあるGVBの自動券売機です。

 

買い方を説明します。

 

初めはオランダ語になっているので英語に変更しましょう。

 

Thumb P4221333 1024

 

上から2番目のBuy disposal GVB chipcardをタップします。

 

Thumb P4221334 1024

 

次の画面で自分が購入したいフリー乗車券又はシングルチケット(1hour)をタップします。

 

写真では2日乗車券をタップしています。

 

Thumb P4221335 1024

 

最後に枚数をタップして完了です。

 

支払いは現金、カード共に利用可能です。

1日乗車券の使い方

地下鉄の場合は改札口にチケットをタップします。

 

トラムとバスは乗車口に読み取る機械があるのでそこにタップします。

 

Thumb P4221339 1024

 

こちらがバスやメトロに設置されている読み取り機です。

 

ここにタップしてください。

 

 

以上アムステルダムの一日乗車券についてお伝えしました。

 

アムステルダムは近年ものすごい人気で観光客が殺到しており、中心部のホテルの料金も高騰しています。

 

一日乗車券があれば中心部にホテルを取る必要がなくなり、少し離れた場所の安くてクオリティの高いホテルに泊まることができます。

 

そういった面を考慮しても、アムステルダムに旅行に行かれる方には絶対必要な乗車券でしょう。

 

アムステルダムからブリュッセルやパリ、ドイツなどに行かれる場合はこちらのサイトが日本語対応しており非常に便利です。

ヨーロッパ鉄道格安チケット検索

 

これからアムステルダムに行かれる方の参考になれば幸いです。

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^