ヴェネチアの賢いホテルの選び方と立地抜群の格安ゲストハウス!




こんにちは!

Thumb P2131424 1024

その美しい景観から世界中の旅行者の憧れの街であるベネチア。

日本人にも大人気の街だと思います。

そんなヴェネチアのホテル事情は、とにかく高いの一言です。

一年で最も観光客が少ないと言われる冬であってもそれなりに観光客が来るので、冬でも高止まりしたままです。

夏になるとさらに値上がりします。

しかも高い割には大した設備やサービスではないので、コストパフォーマンスが悪いというのがベネチアのホテルの通説です。

そこで今回は、そんなヴェネチアのホテルの賢い泊まり方とベネチア最安のホテルを紹介します。

記事内広告

ヴェネチアのホテルの賢い泊まり方

ベネチアのホテルは他のイタリアの都市と比べても非常に高いです。

そんなホテルの高さに嫌気がさす方は、ベネチアの隣にあるメストレという町にホテルを取って、そこからベネチアに観光に行くという方もいます。

確かに、メストレの方がリーズナブルでコスパの良いホテルはあります。

しかし、個人的には高くてもベネチアにホテルを取ることをオススメします。

メストレでなくベネチアにホテルを取るべき理由

まず、メストレからベネチアは歩いて行ける距離ではないので、電車など公共交通機関を使うことになります。

ホテル代が安くても、結局交通費がかかるので意味がありません。

移動に時間もかかるので、せっかくの観光時間も削られます。

次に早朝に観光に行きづらいことが挙げられます。

ヴェネチアは世界中から観光客が来るので、日中はとにかく混みます。

有名な観光スポットは人だらけで、写真を撮るにも観光客を撮っている感じになります。

またベネチアは道が狭いため、日中は歩くだけでもストレスです。

ですので、狙うべきは朝です。

朝は日中の喧騒が嘘のように人が少ないです。

観光スポットの写真も何のストレスもなく撮れます。

この朝観光のメリットを享受するために、やはりベネチア内にホテルを押さえておいた方が良いでしょう。

そして、ベネチアでの滞在は最小限にして、他の都市に移動する、と言ったプランがベストかと思います。

ヴェネチアの最安ゲストハウス

というわけで、次は私が実際に泊まったゲストハウスを紹介します。

ここはベネチアのホテルの中で最安値だったので選びました。

ホテル名はBackpackers House Veniceです。

Thumb P2121270 1024

Backpackers House Veniceのメリット

このゲストハウスのメリットは何と言っても立地が最高な点です。

サンタルチア駅から徒歩10分、空港行きのバスターミナルがあるローマ広場へも徒歩10分。

ベネチア本島の中にあるので、主要な観光スポットへのも徒歩で楽々アクセスできます。

スーパーも近くにあるので、立地は完璧です。

あとは、ドライヤーが完備されています。

ゲストハウスの類でドライヤーがあるところは少ないのでプラスポイントです。

Backpackers House Veniceのデメリット

ドライヤー以外のホテルの環境については正直問題ありです。

まず、ドミトリーの部屋は、トリプルルームのような部屋構成です。

Thumb P2121267 1024

こちらが私が宿泊した3人部屋です。

狭い部屋にベッドが3つ押し込められている感じです。

ロッカーもありません。

私が宿泊した時は運良く他の旅行者が来なくて一人で使えたので良かったですが、この部屋に他の旅行者が来たらかなり窮屈でプライバシーもなく厳しいと思います。

よってBackpackers House Veniceに個人で泊まるのはやめた方が賢明でしょう。

グループであればツインやトリプルの部屋があるので、格安で最高の立地に泊まれるのでオススメです。

肝心の料金ですが、Booking.comにて1泊22,5ユーロでした。

これは私が宿泊した日程での最安値でした。

閑散期の最安値がこの値段ですから、やはりヴェネチアのホテルは高いと言わざるをえませんね。



Backpackers House Veniceの詳しい場所

前述した通りサンタルチア駅や空港行きバスが発着するローマ広場まで徒歩10分という好立地にあります。

ただし、建物自体はわかりにくいです。

Thumb P2121269 1024

こちらが入り口です。

入り口の扉に一枚目にアップした写真のように、小さくBackpackers House Veniceのロゴが書いてあります。

Thumb P2121271 1024

向かいにこちらのケバブ屋があるので、そこを目印にすると良いでしょう。

以上、ヴェネチアでの賢いホテルの選び方と格安ホテルについてお伝えしました。

前述しましたが、ヴェネチアのホテル事情は良好ではないので、あまり長居する場所ではないと思います。

本島で1泊か2泊して、他の街に移られるのが個人的には理想的なイタリア旅行プランだと思います。

ホテルの予約はこちらのサイトが無駄な手数料が一切なく最安で予約でき、尚かつ日本語のサイトなので便利です。日によってはセールを開催していることもあるので、そこに当たった方はラッキーです。

海外ホテル検索

参考になれば幸いです。

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^