都市と自然が見事に共存した、素顔の台湾に出会える街@花蓮観光案内

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!!

もし、台湾に旅行に来て台北以外にも訪れる時間があるならば、東部の花蓮(Hualien)に行ってみてはどうでしょう?

hualien01〜20130917

花蓮は台北から特急で2時間半、特急より安い急行電車で4時間弱といったところです。

花蓮は美しい海と山に囲まれています。

近くにTaroko National Parkがあるので、Tarokoを訪れる人たちの宿泊先となっています。Tarokoのレポートは後ほど行います^^

なぜ僕が花蓮を目指そうかと思ったかというと、台北在住の台湾人の方に台湾の典型的な田舎に行きたいと話したところ、花蓮を勧めてくれたからです。

そして実際行ってみた訳ですが、はい、予想以上に素晴らしい場所でした。

ではさらっと街を見ていきましょう♪

hualien02〜20130917

記事内広告

花蓮街観光♪

まず驚いたのが、めちゃくちゃ栄えてるということです。

田舎ということで、こじんまりとした街を想像していたのですが、駅も立派な造りですし、大通りがたくさんあり、車がひっきりなしに走っています。

そして市の中心部はそれこそ様々なレストランやショップが立ち並び、夜遅くまで賑わっています。

hualien03〜20130917

ビックリしたのが、センスの良いお店が意外に多かったことです。

雑貨屋やレディースの洋服屋さんはかわいいお店がたくさんありました。

近くに大学が結構あるからと推理〜。

hualien04〜20130917

昔線路だったところが 、今はこうしてオシャレストリートになっています。

この通りにかわいい雑貨屋さんや服屋さんが結構ありました。

hualien05〜20130917

こちらはいつ行っても常に行列ができていた、小籠包屋さん。

隣に同じ値段の小籠包屋があるのに、なぜかこちらの店だけ大行列でした。

きっとめちゃくちゃ美味しいんでしょうね〜。

hualien06〜20130917

こちらは青空マーケットです。

野菜の他、奥の建物で肉や魚も売っていました。

花蓮はこういった素朴な光景にも出会えます。

hualien07〜20130917

中心部からちょっと外れただけでこんな風景が広がります。

のどかな田舎町といった雰囲気を感じさせてくれます。

hualien08〜20130917

こちらは中心部から歩いて30分ほどの南濱公園から撮影しました。

このように海を身近に感じられるところもこの街の特色です。

そして、台湾といったら、ナイトマーケットですね!

hualien09〜20130917

花蓮には二つのナイトマーケットがありますが、そのうちの一つがこの南濱夜市です!

南濱公園内で開催しています。

hualien10〜20130917

もちろん食べ物の屋台もあるんですが、このナイトマーケットはこのように射的などのエンタメ系が強いのが特徴です。

そのため子供連れが比較的多く訪れていました。

都会のハイセンスな側面と、のどかな自然と、下町のような素朴な感覚が絶妙に共存している街、花蓮。

次回はさらに細かなオススメスポットなどを紹介していけたらと思います^^

大きな地図で見る

花蓮のホテル予約はこちらのサイトが格安で無駄な手数料が一切なく、宿泊料金も現地支払いでキャンセルや変更も柔軟、尚かつ日本語のサイトなので非常に便利です。
海外ホテル検索

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^