【マドリード】ソフィア王妃芸術センター無料入場のポイントを解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

ピカソのゲルニカが展示されていることで有名なマドリードのソフィア王妃芸術センター。

王宮、プラド美術館と共にマドリードの一大観光スポットとなっています。

Thumb P1210138 1024

この美術館は入場するのに当然お金がかかります。(8ユーロ)

しかし、なんと無料で入れる時間帯が存在します。

今回はソフィア王妃芸術センターの無料入場のポイントについてお伝えします。

記事内広告

ソフィア王妃芸術センターに無料入場するには

ソフィア王妃芸術センターは定休日の火曜日を除いて毎日無料で入れる時間帯があります。

月曜日     19〜21時

水曜日〜土曜日 19〜21時

日曜日     13時半〜19時

この時間帯に行けば、ピカソのゲルニカも無料で見ることができます。(ただし入館は閉館の30分前まで)

そこで、実際にボクも無料入場を体験してみました。

オフシーズンの金曜日に行ったのですが、19時過ぎに行ってほぼ並ぶことなくスムーズに入館できました。

プラド美術館の無料入場とは大違いです。

建物や展示も素晴らしく、ゲルニカの迫力もやっぱり凄まじいです。

そして無料入場の時間帯でもそれほど混んでいないのが最高です。

マドリードの無料で楽しめる観光スポットの中では間違いなくナンバーワンでしょう。

是非行かれることをオススメします。

行き方は、Atocha駅が最も近くて便利です。

以上ソフィア王妃芸術センターの無料入場についてお伝えしました。

参考になれば幸いです。

プラド美術館無料入場の注意点と攻略ポイントについてはこちら。

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^