ニュージーランドのおすすめ&意外なヘルシーお土産まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは!

”南半球のスイス”と呼ばれたこともあるニュージーランド。

大自然に恵まれ、日本人にとっても人気の観光地なのではないでしょうか?

さて、旅行と切っても切れないのはお土産です。

会社や家族や友人などなど、お土産を買うのに苦労するという方も多いと思います。

今回はニュージーランドのおすすめのお土産を紹介したいと思います。

大切な人、バラまき用など様々な用途でご活用ください。

では行ってみましょう。

誰からも喜ばれるニュージーランドみやげ全5選

まずは海外みやげの定番、チョコレートです。

ニュージーランドには二つの有名なチョコレートメーカーがあります。

一つ目はキャドバリーです。

R0019935

パープルのパッケージが印象的なメーカーです。

以前紹介しましたが、ダニーデンにはキャドバリーのチョコレート工場があり、大人気観光地となっています。

上記は大きな板チョコサイズですが、ポケットサイズもあります。

R0020148

こちらの方がバラまき用には向いているかもしれません笑

因みにいろんな種類のチョコレートがありますが、最も美容に良いのはカカオ72%のダークチョコレートです。

美を意識する方はそちらを購入して下さい。

二つ目のブランドはこちら。

R0019931

Whitaker’sというメーカーです。

こちらは金の包装で、高級感があります。

値段もキャドバリーより若干高めです。

こちらも様々なフレーバーのチョコレートを出していますが、最も美容に良いのはこちらです。

R0019932

カカオ72%のDARK GHANA。

美を意識する方はこちらでしょう。

では二つ目行きましょう。

二つ目もお菓子です。

R0019934

ARNOTT’S社のティムタムです。

こちらは10年以上前からニュージーランドみやげの定番とされてきた一品です。

今では日本でも買えるので、ご存知の方も多いと思います。

写真がスタンダード商品です。

ですがこちらの商品は添加物等が多く個人的にはあまりおすすめ出来ません。

ティムタムはどの商品も添加物が多いのですが、そんな中で最も少ないのがこちらです。

IMG 0683

Coconut Cream味です。

めっちゃ添加物入ってそうなパッケージですが笑、こちらが最も変なものが入ってなかったです。(といってもお菓子なのでそれなりには入っていますが)

ティムタムをお土産にしたいならこちらがベターでしょう。

おそらくCoconut味は日本でもあまり見かけないと思うので、その点もグッドです。

あとは、ARNOTT’S社の他のお菓子もおすすめです。

R0019937

このようにクッキーやビスケット関連もたくさん出しています。

ティムタムに比べ、こちらの方が余計なものが入っていません。

その中でも上記のNICEというビスケットはホントにシンプルな作りなので、ARNOTT’S社の製品の中では最もオススメです。

続いてはこちら。

R0020152

ニュージーランドみやげの大本命、ハチミツです!

特にニュージーランドといったら、マヌカハニーですね。

一昔前と比べ、大分認知度が上がってきたようで、日本でもネットや高級スーパーで手軽に買える様になってきました。

マヌカはニュージーランド原産なので、普通のスーパーマーケットで手に入ります。

ただ、値段はそこまで安いというわけではありません。

日本で買うよりは若干安いので、お土産としては良い選択肢となるでしょう。

余談ですが、実はニュージーランドはハチミツ大国です。

マヌカ以外にも様々なハチミツがあるんです。

R0019997

こちらはTawariというハチミツ。

聞いたこともないですよね。

こういう聞いたこともない植物のハチミツが結構売っています。

味は特にクセもなく、美味しいです。

マヌカは高いので、違った植物のハチミツを買ってテイスティングしてみるのも面白いです。

4つ目はこちら。

R0020054

ワインです。

ニュージーランドワインは日本ではあまり流通していませんが、実はニュージーランドは隠れたワイン大国の一つです。

大小様々なワイナリーが各地にあります。

そして、ワインへの力の入れ具合がハンパないです。

R0020052

こちらはあるスーパーの風景です。

左右の列全てがワインです笑

R0019528

こちらは別のスーパーです。

両方の列全てがワインです。

どんだけワインが好きな国民なんだ!って感じですね笑

ニュージーランドはワイン好きの方にとっては天国となるでしょう。

ラストはこちらです!

R0020051

サイダーです!

実はニュージーランドはサイダーにも力を入れているようで、このようにオシャレな製品がたくさん店頭に並んでいます。

R0020050

この棚のほとんどがサイダーです。

いろんなフレーバーがあるので、好みに合わせて選んでみると良いと思います。

以上、ニュージーランドのおすすめお土産を紹介してきました。

大切な人へはもちろんのこと、バラまき用であっても何が入っているのかわからないモノよりも、少しでも身体に良いものをあげたいですね^^

ここで紹介したものは全てスーパーマーケットで入手可能です。

ニュージーランドでのお土産探しの参考になれば幸いです★

宿の予約はこちらのサイトが格安で無駄な手数料が一切なく、宿泊料金も現地支払いでキャンセルや変更も柔軟、尚かつ日本語のサイトなので非常に便利です。

Booking.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^