リスボン観光に必須のプリペイドカード Viva Viagemの賢い使い方とチャージ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

リスボン市内の移動やリスボン郊外への観光など、旅行者が何かとお世話になるのが公共交通機関です。

全てタクシー利用というVIPな方を除いて、ほぼ全ての方が滞在中何かしらの公共交通機関を使うと思います。

リスボンには電車、地下鉄、バス、市電、ケーブルカー、フェリーと実に多くの公共交通機関があります。

そして、これらを乗りこなすために必要なのが、Viva Viagem(ヴィバ・ヴィアジェム)というカードです。

今回はViva Viagem(ヴィバ・ヴィアジェム)の入手方法や賢い使い方、チャージ方法などをお伝えいたします。

記事内広告

Viva Viagem(ヴィバ・ヴィアジェム)とは

リスボンの公共交通機関に乗るために必要なカードです。

電車や地下鉄に乗るためには、まず50セント払ってこのカードを買わなくてはなりません。(払い戻し不可)

市電やバスはカードが無くても乗れますが、車内で切符を購入するとバカ高いので、Viva Viagem(ヴィバ・ヴィアジェム)で乗った方がおトクになります。

Thumb IMG 3508 1024

こちらがViva Viagemです。

Viva Viagem3つの使い方

Viva Viagemには3通りの利用方法があります。

①シングルチケットとして使う

一回券として利用する場合はこちらです。

地下鉄の場合1回1,45ユーロです。

②チャージしてプリペイドカードとして使う

一定の金額をチャージして使う方法です。

こちらの方法で利用すると全ての公共交通機関が割引になり、地下鉄、市電、バスは1,3ユーロ、郊外への電車も割引価格で乗車できます。

③1日乗車券として使う

地下鉄、バス、市電、ケーブルカーなどが24時間乗り放題になります。

料金は6,15ユーロです。

滞在中地下鉄に一度乗るだけ、などという方はシングルチケットとして使うのが最もおトクですす。

しかし、おそらくそういった方は稀だと思います。

最も現実的でおトクなのはチャージしてプリペイドカードとして使う、でしょう。

チャージしてプリペイドカードして使えばリスボン中心部の移動はもちろん、空港や日帰り観光地として人気の高いベレンやシントラ、カスカイスなども割引価格で行けます。

Viva Viagem入手方法とチャージ方法

地下鉄の駅に行くと自動券売機があり、そちらでViva Viagemの入手やチャージができます。

尚、自動券売機は英語表記にもできます。

これからは画面に沿ってチャージ方法をお伝えします。

Thumb IMG 3180 1024

操作画面で初めに出てくるのがこちらの画面です。

すでにカードを持っているなら上(Insert card)、新しくカードを買うなら下(Purchase your card)です。

今回はカードを新しく買うという設定で行います。

Thumb IMG 3181 1024

カードの枚数を聞かれるので必要枚数を入力します。

Thumb IMG 3182 1024

次にシングルチケットにするか、チャージして使うか、一日乗車券として使うかです。

チャージして使うならstored valueです。

Thumb IMG 3183 1024

3ユーロから40ユーロで好きな金額をチャージします。

ここでは3ユーロチャージします。

Thumb IMG 3185 1024

ZAPPINGというのがチャージ金額の意味です。

チャージ金額とヴィバ・ヴィアジェムカード代の50セントの合計額を支払って完了です。

ポイントとしては、自分が何回公共交通機関を利用するのかあらかじめ考えておくことです。

無駄に多くチャージしてしまってもお金は返ってこないので、うまくやり繰りすることが重要です。

ちなみにプリペイドカードとして使うとリスボン市内の地下鉄やバス、市電、ケーブルカーは一律1,3ユーロ、シントラやカスカイスなど近郊への列車は1,85ユーロになります。

自分がどこに行く時に公共交通機関を使うかを考えて、3ユーロ、5ユーロ、10ユーロあたりのチャージ金額をうまく組み合わせて利用していくといいです。

あとヴィバ・ヴィアジェムは一度プリペイドカードとして使うと、全て使い切らないとシングルチケットや一日乗車券としては使えないので注意してください。

以上リスボン観光に必須のカード、ヴィバ・ヴィアジェムについてお伝えしました。

特に市電は車内で買うと2,9ユーロとプリペイドカード利用の倍以上の値段を取られるので、市電に乗る予定の方は必ずカードを入手して、チャージしてから乗りましょう。

リスボン観光の参考になれば幸いです。

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^