消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)とは?美味しい豆腐を見分ける最も簡単な方法




こんにちは!

豆腐

今も昔も日本の食卓に欠かすことのできない食品である豆腐。

冷奴や湯豆腐、味噌汁など、どんな料理にも使えてなおかつ貴重なタンパク源でもあり、食の万能戦士と言っても過言ではありません。

スーパーに行くと様々な豆腐が売られており、値段もピンキリです。

どの豆腐が美味しいのか、どれを買えばいいのか迷ってしまうという方もいるでしょう。

そんなスーパーに並んでいる豆腐をよく見てみると、原材料のところに消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)という表記が書いてある豆腐があると思います。

というか、ほとんどの豆腐に記載されていると思います。

この消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)とは一体何なのでしょうか?

今回は簡単に見分けられる美味しくて、健康に良い豆腐の選び方についてお伝えします。

記事内広告

美味しくて健康に良い豆腐の選ぶ3つのポイント

まず豆腐の作り方について簡単に説明します。

①乾燥させた大豆を砕いて水と一緒に煮る

②煮上がったら濾して豆乳とおからに分ける

③豆乳に凝固剤を加える

④型に入れて重しをして水気を切り、水が垂れなくなってきたら水の中に入れる

大雑把に説明するとこのような形です。

以上のことから、豆腐に使われる材料は大豆、凝固剤、水のみとなります。

消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)とは?

大豆、凝固剤、水のみで作れる豆腐なのに、なぜ多くの豆腐で消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)なるものが加えられているのでしょうか。

消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)は、その名の通り泡を消す役目で使われます。

大豆は煮ると泡が立ちます。

そこで多くの豆腐製造会社ではここで消泡剤を添加します。

その方が楽なので使用しているのだと思われます。

もちろん消泡剤は、吹きこぼれないように監視しながら煮れば使う必要はありません。

消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)は危険なのか?

このグリセリン脂肪酸エステルという添加物ですが、人間の体内にも内包されている成分と言われており、添加物の中では大きな害はないとされています。

よって健康的には大きな影響はないと思われます。

しかし、美味しいかどうかというと、個人的には疑問が残ります。

あくまで個人の意見ですが、大豆本来の旨味が抑制され、歯ごたえもあまり感じられない感じがします。

もちろん全ての消泡剤入りの豆腐を食べたわけでもなく、消泡剤入りの豆腐が好きという方もいると思うので個人の主観の範囲ですが。

ただ、本来は入れる必要のない添加物なら、入れないで作ったものの方が良いというのは間違いないでしょう。

商品によっては「消泡剤不使用」とパッケージに大々的に謳っている豆腐もあります。

今ではそれだけ希少で価値のある製品になっているということでしょう。

豆腐用凝固剤について

次に豆腐を固めるために必要な凝固剤についてお伝えします。

豆腐用の凝固剤は、にがり(塩化マグネシウム)を使用します。

しかし、中にはにがり(塩化マグネシウム)ではない凝固剤を使用している豆腐もあります。

よくあるのは硫酸カルシウムです。

硫酸カルシウムはなんと石膏の主成分です。

そんなものを食料品の中に混入しているのですね。

なぜ使用するのかというと、塩化マグネシウム(にがり)と比べて同じ量の大豆からたくさんの豆腐を作ることができるからです。

硫酸カルシウムを使えばにがりを使った時よりも約3倍ほどの豆腐が作れます。

そのように水増しした豆腐が美味しいはずはありませんよね。

凝固剤に硫酸カルシウムを使用している豆腐は買わないようにしましょう。

最後は大豆の問題です。

豆腐は大豆からできるので、大豆の良し悪しがそのまま美味しさや健康に直結します。

外国産の大豆はポストハーベストの問題もあります。

ここはやはり、出来れば国産大豆を使用した商品を選びたいところです。

味に関しては、外国産大豆を使った商品でも消泡剤を使わず真っ当な作り方をした豆腐の中には美味しいものもあります。

経済的な面もありますので、こちらはお財布と相談して選択しても良いかと思います。

まとめ

美味しくてなおかつ健康に良い豆腐の選び方は以下の通りです!

①消泡剤不使用

②凝固剤は塩化マグネシウム(にがり)

③出来れば国産大豆

この3つの条件を満たしていれば美味しくて健康にも良い豆腐に当たる確率は高いです。

豆腐ブログ用

少し見にくいですが、上記の豆腐の原材料は丸大豆(国産)、凝固剤(塩化マグネシウム〈にがり〉)のみです。

このような豆腐を購入してみてください。

普通のスーパーにも1、2種類くらいはあると思います。

また、この3つの条件は油揚げや厚揚げなどの豆腐加工品にも当てはまります。

実は油揚げや厚揚げの状況は豆腐よりももっとひどく、市場に出回っているほとんどの商品で消泡剤(グリセリン脂肪酸エステル)が使われています。

スーパーによっては全滅のところもあるので、厳しい状況と言わざるをえないでしょう。

お近くのスーパーで消泡剤不使用の油揚げや厚揚げが売られていたらラッキーです。

以上、美味しくて健康にも良い豆腐の選び方についてお伝えしました。

豊富なタンパク源であり、美容やダイエットにも効く豆腐は積極的に食べたい食品です。

しかし、製法や材料にこだわり、真っ当な作り方をした本物の商品はどんどん減ってきています。

特に普通のスーパーでは絶滅危惧種になりつつあると言っても過言ではありません。

ぜひ本物の豆腐や油揚げ、厚揚げを購入してください。

参考になれば幸いです。

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^