危険な飲み物@なぜ第三のビールはこれほど安いのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

世界中で愛飲されているビール。

日本でも多くの方が日常的に飲んでいるかと思います。

thethirdcategorybeer01〜20140523

数年前からは発泡酒よりもさらに価格の安い”第三のビール”なるものが出現し、支持を得ているようです。

ではなぜ、第三のビールは普通のビールより安いのでしょうか?

そもそも本当にビールなのでしょうか?

記事内広告

第3のビールとは

結論から言うと、第三のビールはビールではありません。

酒税法上ビールや発泡酒に属さないものを第三のビールと呼んでいます。

ビールとは異なる原料を使い、ビールに似せた風味を持たせた飲料です。

問題は、何の原料を使ってビールに似せるかということです。

ビールは麦芽とホップから作られます。

麦芽を使うとビールに分類されてしまい、ビールの酒税がかかってしまいますから他のもので代用します。

または、ビールや発泡酒に別のアルコール飲料を混ぜて作られる第三のビールもあります。

確認すると、最近はこの手法の製品が多いようです。

原材料が植物性の物のみで作られているならば、良いかもしれません。

しかし、中にはビールの風味を出すために食品添加物を入れている第三のビールも見受けられます。

よく見かけるのは、酸味料、香料、カラメル色素、糖類(おそらくブドウ糖果糖液糖)などです。

これらが添加されている第三のビールは控えた方が無難です。

原材料的にオススメなのはこの商品です。

発泡酒に大麦のリキュールを混ぜたシンプルな商品です。

有名なのでご存知のかたが大半だと思いますが。

こちらはgoldの商品もありますので、そちらでも良いと思います。

また最近では大手のスーパーなどでプライベートブランドとして、大手のビールメーカーよりもさらに安い第三のビールが販売されています。

これらはかなりの確率で上記の食品添加物が含有されている可能性が高いので、商品を買う際は原材料を要チェックしてからお買い求めください。

これからの第三のビール選びの参考になれば幸いです。

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^