野菜や果物を皮ごと食べなければいけないたった一つのワケとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは!

以前男の友人が柿の皮むきをしていて、それを見ていたおば様たちが、「男なのに皮むき上手ね」と言っていたのを耳にしたことがありました。

それを聞いて、違和感を覚えました。

男なのに、というワードにではありません。なぜ柿の皮をむくのか?ということにです。

今回は野菜や果物を皮ごと食べる数々のメリットを紹介していきます。

野菜やフルーツを皮ごと食べた方が良いワケとは

野菜やフルーツには美容成分や抗酸化作用、抗がん作用など、我々を美と健康に導く素晴らしい成分がたくさん含まれています。

こちらは多くの方がご存知の通りです。

ですがそれらの抗がん作用や美容成分が、野菜やフルーツのどこに含まれているかはご存知でしょうか。

いちご

実はそれらが多く含まれているのが、皮や皮と実の間の部分です。

一例を挙げると、ぶどうに含まれているポリフェノールは、皮や皮と実の間に多く含まれていると言われています。

ですから、ぶどうの実だけを食べていてもせっかくの美容成分があまり摂れていないわけです。

野菜やフルーツの皮むきという行為は、野菜やフルーツの素晴らしい効能をみすみす捨てているようなものなのです。

また皮をむかずに食べることはさらなるメリットもあります。

野菜やフルーツの皮をむかずに食べるさらなる2つのメリット

まずは料理時間の短縮です。

面倒な皮むきの作業が無くなるので、作業時間は劇的に短縮できるでしょう。

大家族ならなおさらです。

さらにピーラーなども買わなくて済むのでコストの削減にもなりますね。

次にゴミの削減です。

家庭のゴミの中でも、生ごみは多くの割合を占めていると思います。

これが野菜やフルーツの皮をむかないことにより劇的に削減できます。

毎回のゴミ出しもだいぶ楽になるでしょう。

まとめ

もはや野菜やフルーツの皮むきという技術は、料理人などを除き全く必要のない技術になると思います。

りんごはもちろんのこと、柿も梨もぶどうも皮ごと食べられます。

皮をむかなくてはいけないのは、さっと思いつく限りアボカド、玉ねぎ、にんにく、柑橘類、バナナ、キウイフルーツ、パインアップルくらいでしょうか。

もちろん皮ごと食べるのでオーガニックの野菜や果物の方が良いに越したことはないですが、コストもかかるのでそこまでこだわる必要もないでしょう。

食べる際はしっかりと洗ってからいただきましょう。

参考になれば幸いです。

※オーガニック野菜をお手頃価格で入手したい場合は、こちらの有機野菜宅配会社がリーズナブルで良質な有機野菜が手に入るのでオススメです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^