ラクトアイス、アイスミルク、アイスクリームの違いと最も危険な種類は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

スーパーに足を運ぶと、多くの種類のアイスが店頭に並べられています。

もはやアイスは夏だけではなく、一年中需要があるデザートではないかと思います。

どこのメーカーもカラフルで美味しさを引き立たせるようなパッケージングをしていますが、そのパッケージに必ず「種類別」という表記があると思います。

そしてこの種類別の表記がアイスによってそれぞれ異っているのに気付くと思います。

今回はそんなアイスの種類の違いと危険なアイスについて見ていきましょう。

レンタングル(大)広告

アイスの種類による違い

アイスの種類にはラクトアイス、アイスミルク、アイスクリーム、氷菓の4種類があります。

氷菓というのが一番わかりやすく、アイスキャンディーのようなアイスが該当します。

有名どころだと、あずきバーとかですね。

その他の3つ、ラクトアイス、アイスミルク、アイスクリームの違いは何なのでしょうか。

これらの違いはひとえに乳固形分と乳脂肪分の含有量によります。

アイスクリームは、乳固形分15%以上、乳脂肪分8%以上が必要です。

アイスミルクで乳固形分10%以上、乳脂肪分3%以上です。

ラクトアイスが乳固形分3%以上となっています。(wikipediaより)

アイス

これが何を意味しているかというと、アイスクリームは原材料にしっかりと乳製品を使用しているのに対し、アイスミルクやラクトアイスは乳製品を少なくして代わりのものでアイスクリームの風味や食感を作り出しているということです。

そしてこの代わりのものというのが、植物油脂などです。

植物油脂と聞いて真っ先に注意しなくてはいけないのが、トランス脂肪酸です。
(トランス脂肪酸の恐怖についてはこちら)

因みにアイスクリームは乳脂肪以外の油脂は使用してはいけないことになっています。

さらにアイスミルクやラクトアイスは、アイスクリームでは使わなくても良いか、使っても少量で済む添加物も使わなくてはいけません。

安定剤や乳化剤がその代表格です。

乳製品の乳固形分には安定剤や乳化剤としての効果もあるので、アイスクリームではそれらの添加物の使用量は少なくて良いのですが、乳固形分が少ないラクトアイスやアイスミルクでは添加物に頼らざるを得ません。

あとは3種に共通ですが、香料や着色料などもよく使われています。

最後に注意したいのは、異性化液糖です。

これは何かというと、果糖ブドウ糖液糖です。(果糖ブドウ糖液糖の恐怖とは?)

異性化液糖は甘味料として、ラクトアイスやアイスミルクに使われていることが多いです。

反対にアイスクリームで使われている商品はほとんどありません。

まとめ

以上のことをまとめると、乳製品を使って添加物なども少量で作られるアイスクリームに対し、乳製品を減らしてその分を植物油脂や添加物で補うラクトアイスとアイスミルクということになります。

その中でも乳成分の含有量が最も低く、異性化液糖なども多用しているラクトアイスが最も健康に良くない種類であると言えそうです。

もちろん、美容と健康のためには市販のアイス類は食べないに越したことはないのですが、どうしてもアイスが食べたいのならば、アイスクリームと表記のある商品を選ぶのが良いと思います。

余談ですが、ハーゲンダッツはほぼ全てがアイスクリームです。(稀にアイスミルクの商品あり)

美味しさの秘密はそういったところにあるのかもしれませんね。

これからのアイス選びの参考になれば幸いです。

レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^