イギリスに行く方必見!ポンドを最もおトクに両替する方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

ワーホリや留学などで根強い人気を誇るイギリス。

ロンドンを筆頭に、南部のブライトンやラピュタのモデルとなったとも言われている西のウェールズ、湖水地方にトリップポップ発祥の地ブリストル、ハシエンダのマンチェスターに、サッカーとビートルズの街リバプール、さらにはスコットランドもあり、魅力的な観光資源に恵まれた国でもあります。

イギリスを訪れたらロンドンだけでなく、是非他の地域も見て回ると良いと思います。

ヨーロッパではありますが、海を隔てているのでテロなどの危険が他のヨーロッパの国に比べて低いのも魅力です。

イギリスはEUには加盟しているのですが、ユーロを採用していません。

ポンドという独自の通貨を使用しています。

ポンドも一時期に比べると大分安くなり、割安感が感じられるようになってきました。

ボクが初めてイギリスを訪れたときは1ポンド=220円でした。

高くて何も食べられなかったのを覚えています笑

イギリスに行く際に厄介なのは両替です。

ポンドは米ドルやユーロと違って両替手数料が非常に高いです。

日本でポンドを両替すると11円ほど取られます。

イギリスで両替するとさらにとられてしまいます。

これはかなりもったいないです。

そこで今回はポンドをおトクに両替できる方法をお伝えします。

レンタングル(大)広告

ポンドをおトクに両替する二つの方法

まず一つ目はクレジットカードの海外キャッシングです。

この方法は多くの方がご存知ではないかと思います。

訪れた国のATMでお金を引き出して、後日返済します。

キャッシングと聞くと不安になる方もいるかと思いますが、海外キャッシングの場合は両替するよりも手数料が安く済む場合が多いです。

ただ日にちが過ぎるごとに利子が上がっていくので、短期の旅行者にオススメの手段です。

もしお手持ちのクレジットカードに海外キャッシングの枠があるなら検討してみるとよいと思います。

ただ、カードによってはキャッシングの返済がリボルビング払いしかできないカードもあるので注意が必要です。

二つ目ですが、海外キャッシングできるクレジットカードを持っていない、キャッシングはちょっと怖い、ワーホリや留学など中長期滞在する方にはマネパカードという海外専用プリペイドカードがオススメです。

マネパカード5つのオススメポイント

①圧倒的な手数料の安さ

前述した通り日本でポンドを両替すると手数料が約11円取られます。

その他の会社の海外キャッシュカードでも手数料は1,6%から多い所だと4%ほど取られます。

クレジットカード払いにおいても、支払った日のレートから約1,6%の手数料を上乗せして支払います。

ですが、マネパカードを利用すればクレジットカードでの支払いや海外キャッシュカードよりも安くなります。

詳しくは公式サイトを見ていただければわかりますが、クレジットカードの約50%です。

世の中で手数料ほど無駄なお金はありませんから、これはかなりおトクです。

②クレジットカードのような審査が無い

フリーランスの方や収入が少ない方などはクレジットカード審査が通らない可能性が高いです。

そんな方にとってはまさ救世主的なカードです。

また16歳から申し込みできるので、留学する高校生にもオススメです。

③ネットで全てが完結する

ネットでカードに使いたい通貨をチャージして、現地のATMで現金を引き出す仕組みになっています。

ネットで全てが完了するので、海外にいても公式サイトからお金をチャージして、ATMですぐ出金できます。

もちろん申し込みもネットからです。

④ポンド以外の通貨にも使える

2016年2月現在、米ドル、ユーロ、オーストラリアドル、香港ドルにも対応しているので、これらが使える国に行く際にも威力を発揮します。

米ドルをチャージしていれば上記5つ以外の通貨でも引き出すことが出来ますが、それだと二重に両替することになるのと余分な手数料がかかるので旨味はありません。

イギリス旅行に行く方はフランスやベルギーなどに足を延ばす方も多いと思うので、ユーロにも対応している点が非常に優れています。

⑤保証の手厚さ

ICカードになっているため偽造などの不正利用を防止できます。

またカードで購入した商品が破損や盗難などにあった際にも50万円まで補償されます。

マネパカードのデメリット

マイナスポイントは手数料です。

たしかに為替手数料に関しては素晴らしく安くて最高なのですが、その他の部分で手数料がかかる場面があります。

一つ目は海外ATM利用手数料です。

これは海外のATMで現地通貨をおろす時にかかります。

どの通貨でも大体200円ほどかかります。

イギリスは一回につき1,5ポンドとられます。

よって、こまめにおろすのではなく、一回で使う分おろした方が手数料がかからなくておトクです。

二つ目はカードにチャージしたお金を日本の銀行口座に戻す時に手数料がかかります。

こちらは一回500円です。

チャージ自体は無料で出来るので、必要な分だけチャージしていくというのが得策だと思います。

R0013604

ATM利用手数料が少しかかりますが、それでも為替手数料が格安なのでトータルで見るとクレジットカードやその他の海外キャッシュカードでの支払いより安くなります。

年会費や更新料も無料なので、これからイギリスに行く方や、海外旅行が好きな方や海外出張が多い方は持っていて損はないと思います。

さらに詳しい説明はホームページをご覧になってみてください。

これからイギリスに行かれる方の参考になれば幸いです★

マネパカードの詳細

レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^