ローマ〜ヴェネチアの最もおトクで便利な行き方はこちら!




こんにちは!

Thumb P2131430 1024

ヨーロッパ随一の観光都市、ローマ。

誰もが憧れる水の都、ヴェネチア。

この二つの街はイタリア旅行のハイライトと言っても過言ではありません。

フィレンツェやボローニャなど途中に魅力的な都市はありますが、すっ飛ばしてこの二つの街を行き来したいという方もいるかと思います。

ですが、いくつか行き方がありどれが最もおトクで便利な行き方かはわかりにくいのが実情でしょう。

そこで今回はローマ⇆ヴェネチアの最もおトクで便利な行き方について解説します。

記事内広告

ローマ⇆ヴェネチア間のアクセス

ローマ⇆ヴェネチア間の移動は鉄道、バス、飛行機があります。

このうち最も楽なのは飛行機でしょう。

しかし、値段が高いことと、ローマ、ベネチア各空港への移動や待ち時間がかかり意外と時間を要します。

バスもあるにはありますが、7時間ほどかかるため体力的にキツイのと時間がもったいないです。

そこで最もおすすめなのは、電車です。

イタリアは他のヨーロッパ諸国に比べ、鉄道がものすごく発達しています。

さらに値段が安いので、地元の方はもちろん観光客も多くの方が利用しています。

理由は、国営企業だけでなく民間企業も鉄道事業に参入しているからです。

ローマ⇆ヴェネチア間の鉄道でのアクセス

ローマ⇆ベネチアの鉄道移動には3つの選択肢があります。

一つ目は民間高速鉄道のItalo(イタロ)。

二つ目は国営会社Trenitalia(トレニタリア)の高速鉄道。

三つ目は国営会社Trenitalia(トレニタリア)の普通列車。

このうち、最もおトクで便利で我々が使うべき電車は、Italo(イタロ)です!

Italo(イタロ)を選ぶべき理由

まず、この区間の普通列車は乗り換えもあり6時間半以上かかり、なおかつ高いのでオススメできません。

高速鉄道を利用するのが賢い選択です。

Italo(イタロ)とTrenitalia(トレニタリア)の高速鉄道比較ですが、基本的には民間企業であるItalo(イタロ)の方が安いです。

(購入するタイミングによってはTrenitalia(トレニタリア)の方が安いことも稀にあり)

ちなみに私が乗車した日はイタロが27,9ユーロに対して、トレニタリアは42,9ユーロ、トレニタリアの普通列車は36,2ユーロでした。

チケットのおトクな入手方法

イタロ、トレニタリア共に日本のようにいつ買っても料金が同じではなく、価格変動制です。

早く購入すれば安く、直前だと高くなります。

ですので、日程が決まったら早めに購入することをオススメします。

感覚的には1ヶ月〜2週間前くらいまでに取れれば、最安値で買えることが多いです。

チケットは現地の券売機で購入もできますが、日本にいながらネット予約もできるので便利です。

おトクにチケットを買いたいならネット予約を使った方が良いでしょう。

Italoの乗車方法やチケット印刷などの注意点はこちら




ローマの中央駅はテルミニ駅です。

Thumb P2050427 1024

こちらがテルミニ駅です。

近代的で美しい駅です。

ローマ市内中心部にあり、立地は抜群です。

ローマ国際空港へのバスも発着しているので便利です。

Thumb P2050446 1024

こちらがItaloの車両です。

真っ赤なボディがかっこいいです。

Thumb P2050442 1024

こちらは2等の座席です。

2等でも十分快適です。

列車によっては電源も完備されています。

ただFree Wifiとのことでしたが、繋がりませんでした。

1等だけのサービスなのかもしれません。

Thumb P2131455 1024

こちらがヴェネチアの中央駅であるサンタルチア駅です。

ローマテルミニ駅に勝るとも劣らず立派な駅です。

ローマ⇆ヴェネチア間の所要時間は3時間45分です。

ゆっくりと鉄道の旅を楽しみましょう。

以上、ヴェネチア⇆フィレンツェ間のおトクで便利な行き方についてお伝えしました。

Italo(イタロ)は本当にリーズナブルなのに快適で旅行者にとっては有難い鉄道です。

積極的に利用してイタリアの旅を楽しんでください。

Italo(イタロ)

日本語での予約はこちら

参考になれば幸いです。

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^