ケールとは?野菜界のスーパーフードの効能を徹底検証

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは!

ケールという野菜をご存知ですか?

日本では青汁に使われていることが多いので名前は聞いたことがある方が多いと思いますが、実物を見たことある方は意外に少ないのではないかと思います。

日本のスーパーではなかなか手に入りませんしね。

このケールなんですが、欧米ではスーパーフードの一つとして扱われるくらい素晴らしい栄養素を持った野菜です。

青汁に使われるだけあります!

今回はケールの恐るべき効能について説明します。

ケールは英語ではkaleと書きます。

スーパーフードの一つなんですが、欧米のスーパーではどこでも売っています。

しかも激安です!

IMG 0519

実物はこちら!

基本は緑なんですが、このケールは珍しく紫の葉もある品種?でした。

ケールの素晴らしい効用とは?

まずケールにはビタミンA、C、K、カリウム、葉酸、ルテイン、カルシウムが多く含まれています。

そして当然のことながら低カロリー、低脂肪、低炭水化物です。

他の食品と比較すると、

牛肉よりも高い鉄分を含んでいます。

牛乳よりも高いカルシウムを含んでいます。

ビタミンCはほうれん草よりも10%以上多く含んでいます。

まさに野菜界の女王です!

特にビタミン群や葉酸などは美容や健康にとって重要な栄養素なのでgoodです。

ケールの使い方なんですが、基本的には生で食べるのが良いと思います。

個人的にはレタスと同じような感覚で使っています。

サラダやサンドウィッチに使うことが多いです。

というかその2つで99,9%です笑

IMG 0541

こちらは自家製ケールのサンドウィッチ。

レタスの代用として使っています。

ケールは茎が太くて固いんですが、ボクはサラダに入れてボリボリ食べてしまってます笑

サンドウィッチにはさすがに茎は使えないので、葉っぱの部分を使っています。

入手しづらいとは思いますが、美味しくて美容効果も絶大なのでぜひ食べてみて下さい。

参考になれば幸いです★

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^