血糖値を上げない魔法の砂糖 ココナッツパームシュガーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

砂糖には美容と健康、アンチエイジング上様々な問題がありますが、その最たるものは血糖値の急上昇です。

実は、そんなことは分かっちゃいるけど、でもやっぱり甘いものは止められない!という方にオススメの砂糖が存在します。

今回はそんな魔法のような砂糖についてお伝えします。

記事内広告

 血糖値を急上昇させない奇跡の砂糖とは?

それはココナッツパームシュガーです!

日本ではまだあまり馴染みの無い砂糖だと思います。

略してココナッツシュガーとも言われています。こっちの方が浸透しているかもしれません。

ロースイーツを作る際によく使われるため、ローフーディストにとっては有名な砂糖ですが、実はこれ、ローフーディストだけのモノにしておくのはもったいない砂糖です。

ココナッツシュガーは、文字通りココナッツの花蜜を濾過して作られます。

インドネシアやフィリピンなどの東南アジアが主な原産地で、現地では一般的に使われているようです。

coconutpalmsugar0120140408

カナダのオーガニックスーパーにて。

カナダでは、基本的にどこスーパーに行っても必ず一種類はココナッツパームシュガーが売られています。

しかもココナッツシュガーは、基本的にはオーガニックのものが主流となっているので安心です。

ココナッツパームシュガーが素晴らしすぎる二つの理由

まずは何と言ってもGI値が低いことでしょう。

砂糖なのになんと35です!

ちなみにその他の砂糖を挙げると、白砂糖109、グラニュー糖110、三温糖108、黒砂糖99です。

てんさい糖でさえ65ですからね。

スゴさが分かっていただけると思います。

gi値と美容との関係についてはこちらをご覧ください。

次に、ココナッツパームシュガーは他の砂糖に比べて様々な栄養素が含まれています。

特にミネラルが豊富に含まれている点が見逃せません。

カリウムやマグネシウムに加え、亜鉛や鉄なども含まれています。さらにビタミンB群も豊富で、なんとビタミンCも含まれています!

さらにさらに、16種類のアミノ酸の他、水溶性食物繊維のイヌリンも含まれているようなので、砂糖のなかではダントツで女王に昇格です!

ココナッツパームシュガー、確かに素晴らしいんですが、ネックなのは日本で買うと値段が高いことですね。

まだ認知度も低く、マイノリティーなので仕方ないですが、今まで白砂糖を買っていた人からしたら考えられない値段します。

そんなココナッツパームシュガーですが、オーガニックで比較的リーズナブルなのはこちらです。

体の内側からの美しさを追求したい方にはおすすめの砂糖です。

また最近ではカルディなどの輸入食材店でも置くようになっているので手には入りやすいです。

ですが高くて手が出ない!という方はてんさい糖を使用してください。

ココナッツパームシュガーほどではありませんが、こちらもgi値65となかなかの数値を出しています。

rasayana04〜20131103

しかし!実は甘味料というのはgi値だけでなく、ショ糖の含有量も考慮しなければなりません。(ショ糖とは?)

ココナッツパームシュガーのショ糖の含有量は探してもなかなか見つからなかったのですが、海外の文献を調べてやっとのこと発見しました!

ココナッツパームシュガーのショ糖含有量は、

70〜79%です泣

正直ちょっとがっかりです。

その他の砂糖とショ糖含有量の面では、あまり変わりません。

やはり砂糖は砂糖ということですね、GI値が低いから大丈夫と思って、使い過ぎは禁物です。

されど、GI値35はやっぱり魅力的だし、砂糖の中ではショ糖含有量も低いので、砂糖を使用する際には最もオススメなことには変わりありません。

ぜひ一度使ってみてください。

参考になれば幸いです。

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^