今さら聞けない本当に美味しい本物の日本酒の見分け方・選び方




こんにちは!

日本酒

日本が世界に誇る醸造酒であり、発酵食品である日本酒。

一時期は下火となった時期もありましたが、ワインと並び多くの方に親しまれているのではないかと思います。

酒販店に行けばたくさんの銘柄が売られています。

普通のスーパーにおいても充実した品ぞろえでどれが美味しいのか、何を買えば良いのか迷ってしまうことでしょう。

そんな日本酒ですが、残念なことに紛い物がたくさん潜んでおり、ちゃんと選ばないと美味しい日本酒には出会えません。

そこで今回は、本当に美味しくて本物の日本酒の見分け方・選び方についてお伝えします。

記事内広告

悲惨な日本酒の現状

まずは原材料ですが、日本酒は米から造られます。

というか、米だけで作ることができます。(米と米こうじ)

米だけで作られた酒が、本来の日本酒です。

しかし、現実には米のほかに様々なものが添加されて作られた酒が大半を占めています。

最もひどいものだと、ブドウ糖などの糖類や酸味料などの添加物などが使われています。

これは三増酒と呼ばれる昔の日本酒製造の名残です。

これらは大手酒造会社の紙パックの安い酒などによく見られます。

次に目にするのは、醸造アルコールです。

これは工業的に作られたアルコールなのですが、ほとんどの日本酒に使われています。

醸造アルコールを使用すると味が淡麗になるとの向きで使用することもあるようですが、かさ増しのために使用することもままあります。

このように現代の日本酒は添加物や糖類、工業的に作られたアルコールに汚染されてしまっているのが現状です。

本物の日本酒を見分けるキーワード

ではどうすれば本物の日本酒を手にすることができるのか。

キーワードは、

「純米酒」

です。

米だけで作られた日本酒はラベルに純米酒と表記されています。

純米酒という表記は糖類や醸造アルコールを添加した日本酒には使えません。

ちなみに純米酒と似た表記で「吟醸酒」というものがあります。

吟醸酒は普通のお酒よりも精米歩合が高いことが特徴です。

酒を作るには必要のない米の外側の部分を多く削ることによって、さらに良質な酒を作ることができます。

ですので、できれば吟醸酒の方が良いのですが、問題はほとんどの吟醸酒に醸造アルコールが使われてしまっていることです。

米だけで作られた吟醸酒は純米吟醸酒と呼ばれ、非常に素晴らしい日本酒ですが、普通のスーパーなどではあまり見かけません。

もし見かけたら是非試してみてください。

一歩進んだ美味しい日本酒の選び方

さて、本物の日本酒とは純米酒であることはお分かり頂いたと思いますが、実は純米酒であっても出荷の過程である添加物を使用しています。

活性炭素と言われるものです。

活性炭素はいわば最後の濾過装置のようなもので、お酒の中に入れると不純物を吸着し、色も綺麗に澄ますことができます。

しかし、大量に使えば日本酒本来の風味が抜け、台無しになってしまいます。

無濾過日本酒

こちらはなんと無濾過の純米吟醸酒です。

数は本当に少ないのですが、中にはこのように無濾過と謳っている日本酒も存在します。

ぜひ試してみてください。

まとめ

ここまで真に美味しい本物の日本酒の選び方についてお伝えしました。

まとめると、「純米酒」、「純米吟醸酒」と表記されている商品を選んでください。

「純米」という表記がない酒は、醸造アルコールなど米以外の材料が使われています。

日本酒は日本の食文化の誇りとも言える醸造酒です。

そして本物の日本酒は本当に美味しいです。

ぜひ本物の日本酒を選んでください。

参考になれば幸いです。

料理が格段に美味しくなるおすすめ料理酒についてはこちら。

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^