バンクーバー市内からソルトスプリング島への最も安い行き方と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

海に面したバンクーバーの西側には瀬戸内海とまではいきませんが、いくつかの島々が点在しています。

それらは総称してガルフ諸島と呼ばれています。

ソルトスプリング島はガルフ諸島の中で最も大きな島で、また最も人気のある島です。

howtogotosaltspringisland01〜20140506

バンクーバーのダウンタウンからソルトスプリング島に行く手段は三通りあります。

  1. 自力でフェリー乗り場まで行って、フェリーに乗る
  2. ダウンタウンから直通のバスに乗る
  3. 水上飛行機

があります。

記事内広告

ソルトスプリング島へ最も安く行く方法は?

1番の自力でフェリー乗り場まで行って、フェリーに乗る方法です!

では行き方を紹介します。

まずは、ダウンタウンから電車に乗って、Bridgeport staitionに行きます。

BridgeportはCanada Lineなので、ダウンタウンならWaterfront station、Vancouver city centre station、yaletown roundhouse stationのいずれかが乗り換えが無くてgoodです。

Bridgeport stationで降りたらバスに乗り換えます。

howtogotosaltspringisland02〜20140506

Bay4から出発する620番のツワッセン(Tsawwassen)行きに乗ります。

終点がフェリーターミナルで乗車時間は約30分です。

ダウンタウンからフェリーターミナルまでの料金は、平日は5,5ドル、土日祝日は2,75ドルです。

因みにチケットは90分以内なら電車とバスで併用できるので、バスに乗りかえる際に買い直す必要はありません。

howtogotosaltspringisland03〜20140506

こちらがフェリーターミナルです。

この日は祝日だったため、たくさんのカナディアンがフェリーターミナルに押し寄せていました。

ソルトスプリング島には港がいくつかありますが、ツワッセン(Tsawwassen)からアクセスしやすい港は2つです。

一つはロングハーバー(Long Harbour)です。こちらは直通便のため乗り換える必要がありません。

直行便で85分、他の島を経由すると2時間半〜3時間です。

もう一つはフルフォードハーバー(Fulford Harbour)です。

こちらはビクトリアのスォーツベイ(Swartz Bay)で乗り換えが必要です。

ツワッセン(Tsawwassen)からスォーツベイ(Swartz Bay)が1時間35分、スォーツベイ(Swartz Bay)からフルフォードハーバー(Fulford Harbour)が35分です。

さて、旅行者はどちらの港に行くのがベターなのでしょうか。

一見すると、乗り換えがないロングハーバーの方が良さそうですが、こちらは港に到着してからに問題があります。

ソルトスプリング島の中心部はガンジス(Ganges)という街です。

こちらにインフォメーションセンターやショップなど、島の機能の全てが集約しています。

自己の交通手段が無い旅行者は、まずはここを目指すしかありません。

しかし、ロングハーバーはガンジスまでの交通手段が乏しいです。

公共バスがありますが、一日数本しかありません。

歩いても行けないことはありませんが、ガンジスまでは徒歩で約1時間半ほどかかります。

反対にフルフォードハーバーはガンジス行きのバスがロングハーバーよりは多く出ています。(それでも1時間〜2時間に1本ですが。。)

ですので乗り換えは少し面倒ですがビクトリアを経由して、フルフォードハーバーに向かった方が、個人旅行者にとってはベターだと思います。

howtogotosaltspringisland04〜20140506

晴れていたら、フェリーからの景色は最高です。

フェリー内もカフェやレストランなどもあり快適なので、あっという間に到着してしまうでしょう。

ビクトリア行きのフェリーは大体一時間に一本出ています。

詳しくはホームページを参照ください。

BC Ferry Schedule

あと、ソルトスプリング島内のバスのスケジュールはこちらです。

BC Transit Schedule

ソルトスプリング島のホテル予約はこちらのサイトが格安で無駄な手数料が一切なく、宿泊料金も現地支払いでキャンセルや変更も柔軟、尚かつ日本語のサイトなので非常に便利です。

海外ホテル検索

これから行かれる方の参考になれば幸いです。

Lifestyle Organizerの更新情報はこちらから★いいね!やフォローお願いします!

facebook

twitter

記事内広告
記事内広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^