【スーパーフード】カカオニブとは?カカオの栄養を最も享受できるオススメの食べ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存




こんにちは!

一般に欧米諸国でスーパーフードと呼ばれているものは、サプリメント的なものも多いです。

南米原産のフルーツのパウダーに何千円もの値段がつけられ、マーケットを拡大しつつあります。

個人的には、いくらスーパーフードとはいえ、パウダー状のものに何千円もかけるのはどうなのかなと思います。

しかし、スーパーフードと呼ばれているものの中には値段もバカ高くなく、ぜひとも生活に取り入れたい食品も結構あります。

今日はその中の一つを紹介します。

それは、

カカオニブです!

レンタングル(大)広告

カカオニブとは?

英語ではcacao nibsと書きます。

カカオは多くの人に愛されているチョコレートの原料です。

東南アジアやアフリカ、中南米で主に採れる植物で、その豆をチョコレートの原料として使います。

生産方法は異なりますが、コーヒー豆と形などは似ており、採れる国も被っている所が多いですね。

カカオ豆そのものをカカオビーンといい、カカオ豆を砕いてフレーク(チップ)状にしたものをカカオニブと呼びます。

カカオ豆の胚乳の部分にあたります。

因みに、カカオニブをさらに砕き、パウダー状にしたものがカカオパウダーです。

aboutcacaonibs02〜20140505

こちらがカカオニブです。

カカオは、現地では”神の食べもの”と言われており、非常に高い栄養価を誇っています。

カカオニブの効果効能

注目したいのは何と言っても高い抗がん作用、抗酸化作用です。

抗がん、抗酸化のキーワードであるポリフェノールが豊富に含まれています。

特に緑茶で有名なカテキン類が多く含まれており、緑茶の約4倍含有されています。

ポリフェノールのいくつかはシワやたるみを予防したり、紫外線から肌を守ってくれる作用もあるので、美容効果も非常に高いです。

その他血液をサラサラにしたり、虫歯を予防する作用もあったりと、たくさんの効能がカカオにはあります。

カカオはがん関連の本にも食べるべき食材として度々登場しており、医療と健康の両面から高い評価を受けています。

このように、素晴らしい食材のカカオですが、問題は食し方にあります。

aboutcacaonibs03〜20140505

基本的にチョコレートとして食されるわけですが、市販のチョコレートは白砂糖や油脂類、乳製品、添加物などが大量に添加されて出来上がります。

最高の食材が、白砂糖や乳製品や添加物を入れることによって台無しになってしまうのです。

そこで登場するのがカカオニブです。

カカオニブは、カカオの栄養を最も手軽に、そしてダイレクトに享受できる食べものです。

カカオビーンではいちいち砕かないと食べれませんし(そのまま齧っても良いですが笑)、カカオパウダーはドリンクにしたり、スイーツを作るという一手間がかかります。

一方カカオニブはそのまま食べることもできますし、アイスやヨーグルトにふりかけるなど、とにかくお手軽に使えるので非常に便利です。

個人的にはカカオニブを使ったおすすめのレシピは、ミューズリーです。

シリアルにカカオニブを投入するだけで良いので、簡単で誰でも作れます笑

加熱せずそのまま食べるので、栄養素をダイレクトに摂取できるので美容的にも最高です。

しかもカカオニブは豆乳やナッツミルク、オートミールなどの穀類、レーズンなどのドライフルーツと非常に相性が良いです。

カカオニブを少し加えるだけで、非常に美味しいミューズリーが出来上がります。

美容効果抜群のミューズリーレシピはこちら★

カカオニブの選び方ですが、できればローカカオニブと書いてあるのもを選んでください。

ネットだとこちらがおすすめです。

スーパーフード製品で有名なナビタス・ナチュラルズ社の ローカカオニブです。

こちらの製品は欧米でのシェアが高く、品質は最高峰です。

カカオの健康美容効果を最も手軽に摂取できるカカオニブ、ぜひ生活に取り入れてみてください。

参考になれば幸いです。

カカオニブを使った美味しいレシピ追加しました。

ニュートリショナルイーストについてはこちら

キヌアについてはこちら

レンタングル(大)広告
レンタングル(大)広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

更新情報はこちらから★フォローお願いします^^